スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONFERENCE SEMIFINALS 決定

IND92-80ATL

OKC120-109OKC

LAC126-121GSW

TOR103-104BKN

SAS119-96DAL


TOR以外はシーズン下位チームを応援してたので(アップセットを観たいんで)、
応援していたチームが全敗となり敗退ということに・・・
TORは上位でしたがシーズン終盤のBKNの勝ち方をみていてもそうだし、メンバー的にもTORが勝った方が
アップセットと呼べる感じだったので、全シリーズ結果的に順当に勝ち上がりを決めたという感じです。

これでカンファレンスセミファイナルの対戦が決定。
応援すんのはウエストは下位シードのPORとLAC、
イーストは変わらず元ナゲッツ選手がいるWASとMIA
ナゲッツ以外しっかり見れていないので細かい予想はできませんが(仮に全試合観てても出来ないけど^^)
応援するチーム視点で簡単に予想します。

SAS-POR
プレイオフは違うといえどシーズン2勝どうしの五分なのでPORにとってSASを苦手ではないはず。
戦力としてはスターターは若干POR、ベンチはSASで総合的にはSASの方が上だと思います。
プレイオフとなるとファアルトラブルなければ40分以上出場するので残り7~8分の時間を
上手く凌ぐことができればPORに勝機がありそうです。
GAME7までもつれ込むとSASになってしまいそうなので、最初のアウェイ2戦で1勝
その後ホームで3勝してGAME6までに決着をつけるのが理想です。

OKC-LAC
シーズン2勝同士。
LACはボーガット、6,7戦はオニールも抜けたGSWに接戦だったので、
イバカ、パーキンス、アダムスを擁するOKC相手にグリフィン、ジョーダンがどこまでやれんのか、
そしてデュラントをバーンズでどこまで抑えられるかがカギになりそうです。

IND-WAS
シーズンはIND2勝、WAS1勝
戦力的には互角じゃないかと。もちろんWAS贔屓入ってます^^
ネネ、ウォール、ビール、アリーザのオフェンスが安定していて止めずらく、
GAME7では少し復調しましたがヒバートの不調を考えると十分アップセット可能だと思います。
アリーザがディフェンスではジョージにつくはずなので、攻守で要となるアリーザの出来が
勝敗を左右してきそうです。

MIA-BKN
シーズンはBKNの4勝、MIA0勝と意外?にもMIAがスイープされています。
ウェイドの欠場などがありましたが、BKNもガーネット、ブラッチなどが出場していないこともあり、
BKNがMIA相手に有利に試合を進めれているということが分かります。
デロンにはあまりやられていませんが、ジョンソン、ピアースにはかなりやられているので
ウェイド、レブロンがどこまで2人を抑えられるか、ここの攻防が勝敗を大きく決める感じかなと。
もう一つはボッシュがガーネット相手にどこまで出来るかも重要な要素だと思います。
疲労的にはMIAが有利ですが、試合勘を初戦でつかめないこともあるのでホーム1,2戦で
負けるようなことがあれば敗退の可能性も十分あると思います。
MIAにとって現状イーストで一番嫌な相手がBKNだと思うので、相当厳しい試合になると思います。


どの試合も見どころ満載で面白そうなマッチアップばかりでほんと楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。