スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WAS敗退、CONFERENCE FINALS組み合わせ決定

全試合観てはいたんですが更新できませんでした。
CONFERENCE SEMIFINALSが終わったということでシリーズの印象と、
CONFERENCE FINALSの展開を書いていこうと思います。

IND-WAS
game1 WAS
game2 IND
game3 IND
game4 IND
game5 WAS
game6 IND

1戦目勝った時はWASの強さは勢いだけではなく、十分INDにも勝る強さがあると思ったんですが、
2戦目以降ヒバートが復調してから、ペイントに入るとブロックもしくはタフショットを強いられ、
それまで決まっていたアリーザの外からのシュートも決まらなくなり、5戦目ゴータット無双で勝った以外
INDに押し切られてしまいました。
アリーザ、ウェブスターの外からがもう少し決まれば勝てる可能性が十分あっただけに
もったいない感はありますが、CHIに勝って、IND相手にも負けないぐらいの強さを魅せてくれたので、
負けはしましたがハリントンも出場してくれたので個人的には満足のシリーズでした。
ウォール、ビール、アリーザ、ウェブスターなどバックコート陣は若く、ネネ、ゴータット、ハリントン、グッデンなど
インサイドの核となる選手は若干ピークは過ぎた感はありますが、まだ十分実力を発揮できる。
来季セラフィン、ブッカ―などが成長すれば、またこの場所にまで来ることは可能だと思います。
WASの事しか書いてないですが^^この辺で。

LAC-OKC
game1 LAC
game2 OKC
game3 OKC
game4 LAC
game5 OKC
game6 OKC

game5終盤のポールのミス、審判の疑惑の判定、デュラント、ウエストブルックのクラッチ力
全ての事が重なってOKCが勝利。このGAME5が結果的にシリーズを終わらせた形になりました。
シリーズが始まる前は下位シードだったのでLACを応援しようという気持ちでいましたが
始まってみると、どちらが勝ってもいいなと感じていたので、出来ればgame7まで進んでもらいたかったですね。
game6で終わりはしましたが両チームビックネームを連ね、豪快なプレーが多い面白いシリーズでした。
LACはオーナーの問題でどうなるのか・・・ポール、グリフィンがいる限り来季以降も優勝候補の一角
というのには変わりないと思いますが・・・。

MIA-BKN
game1 MIA
game2 MIA
game3 BKN
game4 MIA
game5 MIA

game4レブロンが49得点をあげMIA勝利、game5は終盤の猛追でMIAが勝ち、
あっさりと突破を決めた感はありますが、game5気の抜けたような試合をしていたのは少し気になります。
優勝を経験しているMIAの選手たちは力の出しどころを分かってると思うんで、まぁ特に問題ないとは
思うんですが気にはなりました。
ウェイドが集中したときの攻守での貢献はかなり高いですがもう既に48分間それを維持できそうにないので、
今後そこらへんが勝負のあやになるような気がします。
負けたBKNはロペスがいなかったのが最後まで響いた結果になったかなと。インサイドが手薄な相手だけに・・・
来シーズンピアース、ガーネットがまた1つ齢をとるので今季以下のパフォーマンスになってしまうと予想されますが、
デロンの復調、ロペスが完全復帰すればもともと戦力は過剰なまでにいるのでイーストを制覇できる可能性は
十二分にあるかなと思います。

SAS-POR
game1 SAS
game2 SAS
game3 SAS
game4 POR
game5 SAS

game4ベンチから出てきたバートンの活躍でPORが辛くも1勝できたというシリーズに・・・
game4以外は前半の段階で決着をつけられ、リラード、オルドリッチのクラッチ力を発揮する機会すら
ない試合展開になってしまいました。SASの強さが際立ったそんなシリーズでした。
PORのスターターは間違いなくリーグ最高峰なので、後はベンチ陣のマッカラム、レナードなど若手が
成長して、FAなどで上手く得点力のある選手を獲れれば一段と強いチームになると思います。


これでCONFERENCE FINALSの組み合わせがIND-MIA、SAS-OKCに決定。
FIRST ROUNDではもしかしたらSAS、INDの両方が負けることもありえましたが
両カンファレンス、シーズン1,2位どうしの戦いという順当な形になりました。

IND-MIA
INDはまだシーズン前半の頃の姿を取り戻したとは思いません。
ただ不調な頃でもMIA相手には良い試合をしていた印象があるのでこのシリーズでは力を発揮すると思います。
MIAはINDと比べれば余裕な感じで勝ち上がりましたがBKN戦のような少し気を抜いた場面があったりすると
INDにHCAがあるので一気にいかれる可能性があります。1,2戦目にフルパワーを出さないと厳しいかなと。
そうなると上記でも書きましたがウェイドの支配力がどこまで持続するかが試合を左右する予感。
もう一つはずっと言われてきていることですが、ヒバートの存在。
MIAはこれまでCHA、BKNとやりましたが、インサイドの核であるジェファーソン、ロペスを欠いており対戦して
いないため、あまりペイント内での弱点は浮き彫りになりませんでした。
しかし今度はヒバートがいるのでそこがどうなるか。
INDがインサイドをヒバートで圧倒的に支配できる展開になれば勝ち抜けがみえてくると思います。

SAS-OKC
シーズンでこの両チームの試合を観たとは思うんですが、あまり記憶がない^^
なので大体でいきます。
パーカーの怪我はどうやら軽傷みたいでプレーには影響する心配は無さそうですが、
仮に状態が思わしくなくてもミルズを上手く起用していけばそこまで問題なし。
困ったらダンカンがいるし、レナードも最近得点力があがってる、グリーンの3ptも好調なのでどうにかなる。
スターターがだめでもベンチからはミルズ、ジノビリ、ベリネリ、ディアウがいるので付け入る隙が全くない^^
OKCはデュラント、ウエストブルックの出来は間違いなく大事。
それに加えてイバカのミドルシュートが効果的に決まるかどうか。もしかしたらイバカのミドルが決まるかどうか
これが最重要かもしれません。ウエストブルックのアシストが増えてくるとOKCオフェンスが上手くいってる
証拠だと思うので。データ的なあれはないですがね^^
あとアダムス、コリソンの2人がディフェンス、リバウンドで貢献できるかどうか。
雑すぎますがこんな感じです。
CONFERENCE SEMIFINALSのSASの強さが半端じゃなかったんでとりあえず1,2戦目を観てから
色々展開がみえてくるかと思います。

シーズン1,2位どうしの戦いなのでこれまで以上に熱い戦い、とくにIND-MIAはなると思います。
そろそろドラフトが近づいてきたので、ドラフトのことも書いてこうかなと考えてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。