スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリス、Qミラー、グリーンのサマーリーグ成績

ハリス
ハリス
オフェンス
1戦目は多少フリーになればキャッチ&シュートからミドル、3pt、ドライブからフローターも決めて
様々な形で得点できていたんですが、その後はキャッチ&シュートが決まらなくなり、
もともと自らオフェンスをクリエイトできるタイプではないので、1on1からのシュート、ドライブも
決まらず確率が落ちてしまいました。
いきなり1on1のスキルをあげるのは難しいと思うので、まずは長所である
オフザボールの動きからフリーになってキャッチ&シュートからのミドル、3ptを安定して
決めること、そして地味に気になったサイドラインを踏んでのTOを無くすこと。
長所を安定して発揮できるようになったあとで、短所を伸ばしていけばいいと思います。

ディフェンス
1on1の対応、スクリーンをかわす技術、ヘルプディフェンス、パスコースの読み
評判以上のディフェンス力を発揮してくれました。
一番良かったのは2戦目でオフェンスの出来は最悪、さらにスネル、マクダーモット相手でも
マッチアップしたときはほぼ完璧に抑えれていました。2戦目以降全てそうですが、
オフェンスの出来が悪いからといってディフェンスに影響せずできていました。
唯一気になるとすればポストアップに対するディフェンスでSLではあまりみられませんでした。
サイズで劣るハリスがそこへの対応がどうなるのかは気になります。


Qミラー
Qミラー
オフェンス
1.2戦目はブルアップジャンパー、ジャブステップからサイズを生かした3pt、そして1戦目は
ドライブしてファアルももらえていて、得点することに積極的で確率よく決めていました。
3,4戦目も積極的でしたが、シュートが決まらず、ドライブしてファアルをもらうことも
ほとんどなくなってしまいました。
今回のSL、Qミラーには得点を期待していたので、自ら積極的に得点を狙いそれが1,2戦目は
決まっていたので良かったです。ただ1,2戦目のようにシュートが決まるとき以外のとき(3,4戦目)に
1戦目のようにドライブしてファアルをもらうことが出来ていればより良かったかなと思います。

ディフェンス
ポジショニングが悪くマッチアップ相手を簡単にフリーにしたり、1on1で抜かれたり
昨季良いディフェンスを魅せていたQミラーはどこにいったんだと心配になるぐらい
ディフェンスが悪かったです。
SLでは得点に集中するためにディフェンスが少し緩慢でも問題ないと思っていたんですが
それが目立つぐらいになってしまいました。
シーズンになるとQミラーには得点源というよりも、どちらかというとディフェンスに
期待していて、エースキラー、そのうえでオフェンスも多少できるという存在に
なってもらいたかったので・・・プレシーズンに期待します。

グリーン
グリーン2
オフェンス
ミドル、フローターを確率よく決めて、速攻での速さも光るものがありました。
スタッツをみればFG50%、3pt33%も申し分ないんですが、
個人的に期待していたPGとしての役割という面でいえばいまいちでした。

ディフェンス
グリーンのディフェンスをしっかり観ていなかったので、はっきりとはいえませんが
良くも悪くもない感じだと思います。


グリーンがかなり雑な感じになってしまいました^^
表はnba.comのスタッツをもとに作りました。間違いがあればすいません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。