スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファリードvsフォーニエ実現ならず セルビアvsフランス

前半
SRB46-FRA32
セルビアのハーフコートでのパス回しが良くシュートタッチがかなりいいのと
ディフェンスでフランスのTOを誘い速攻を出せていることで
前半を終えて、FG18-30の60%、3pt5-7
テオドシッチがポストプレー、3ptなど多彩な形で得点をとり前半だけで18得点(7-8)
素晴らしいアシストもあったりして凄かった。

これだけオフェンスを決められてはフランスはどうしようもないので、
とにかくセルビアのオフェンスを止めないといけないけどどうするか・・・
バトゥムがテオドシッチについてからは良かった気がするので、
そこから打開するしかなさそう。

後半
3Q クリスティッチなどがポストから得点でセルビア15点リード。
4Q 前半終わって14点差、3Qもフランスがなかなか打開できなかったので
  このまま終わるかと思いましたが、4Qフランスの激しいディフェンスでのプレスを
  きっかけにセルビアのオフェンスが決まらなくなり、バトゥムが次々と3pt,フォーニエ、ディアウも
  決めだして4点差。このままフランスが逆転の可能性もあったんですが、そこからセルビアが
  冷静にパスを回しインサイドで得点したり、テオドシッチ、ボグダノビッチの3ptで得点。
  フランスもバトゥムがゾーンに入ってたのでどんどん決めてましたが惜しくも追いつかず。
  SRB90-FRA85
    
  スペインvsフランスの試合も凄かったですが、個人的に今日の試合が一番胸躍る試合でした。
  
  フランス敗退により期待していたファリードvsフォーニエの実現は残念ながらなくなりました。
  来季DENvsORLでの試合で観られますが、代表戦となるとリオ五輪なのでフォーニエのフランス代表は
  間違いなさそうですが、ファリードが選ばれているか微妙ということもあり
  今回が最後の機会だったかもしれません。
  
フォーニエ 10得点  
   3Qまではほとんど存在感がなかったですが、4Qは3pt2本など8得点と追い上げに貢献しました。
   来季もDENでみたかった・・・


  決勝はアメリカvsセルビア
  クリスティッチ、RADULJICAのポストプレーはなかなか脅威ですが、リトアニア戦を観ていると
  デイビス、カズンズがなんとかしてくれそうなのであまり問題ないと思います。
  問題はテオドシッチなどセルビアのバックコート陣をどうやって抑えるか。
  アービング、カリー、ハーデンの3人のディフェンスとローズ、トンプソンをどのタイミングで
  起用するかがカギになってきそうです。
    
    
  


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。