スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦は苦労するかも PS第5戦 DENvsGSW

ナゲッツ     ウォリアーズ
PGローソン   PGカリー
SGアフラロ   SGトンプソン
SFガロ     SFバーンズ
PFファリード  PFグリーン
Cモズコフ    CKuzmic


DENはガロ、フォイ、ネイト、ヒクソン、マギーが欠場。
GSWはリー、ボーガットが欠場。
今日の試合は映像が無く、詳細がわからないため
試合内容は飛ばしてスタッツだけで適当に感想を書きたいと思います^^



1Q DEN34-29GSW
2Q DEN62-49GSW
前半終わってのスタッツ
ウィルチャン15得点、ファリード11得点、モズコフ13得点
ローソン8アシスト ハリス8得点
DEN FG49% 3pt55%(6-11) FT12-14 ORB7


GSW FG48% 3pt54%(7-13) トンプソン18得点 カリー13得点

ディフェンスではカリー、トンプソンが抑えられなかったみたいですが
オフェンスは1Qモズコフ、2Q中盤まではハリス、終盤はウィルチャンが得点して
良かった様子。

3Q DEN85-68GSW
4Q DEN101-104GSW

 後半からGSWはカリー、トンプソンの2人を出場させず、DENは5,6分スターターのままだったので
リードをひろげていたようですが、4Qグリーン、ハリス、ジー、アーサー、ヌルキッチ
ウィリアムス、Qミラーなどお試しメンバーになると、オフェンスはTOばっかり
とくにヌルキッチが酷かった。
そしてマッカドゥーという選手に得点され、みるみるうちにリードはなくなり最後には
逆転されての負けとなったようです。
4QGSWはイギー、バーンズが出場していたとはいえ、そもそもGSWはリー、ボーガットが
出場してないし、上記でも書きましたが、カリー、トンプソンは後半出場していない、
この試合を負けるとは・・・。
4Qはあまりにも酷かったようなので観れなくて良かったと終わった瞬間は思いましたが
あくまでプレシーズンなので、グリーン、ハリス、ヌルキッチなどの何が悪かったのかを
詳細に知るためにも、やはり観ておきたかった試合でした。



 前半戦苦労しそうだ、というタイトルをつけたのはプレシーズンでここまで1勝4敗だからということではなく、
ここまでのプレシーズン5試合、ヒクソン、マギーのように怪我で出場できない選手や、
ガロ、ネイトなど安全のために休憩を与えている選手がいて、本来なら2ndユニットで戦う所を
新人組とロスター争いをする選手の時間になっているためです。
DENが他チーム相手に強みとするはずの2ndユニットをほとんど試せていないということで、
シーズン前半戦勝つことにかなり苦労するのではという勝手な妄想をしました。
個人的に2ndユニットへの不安は残りますが無理をさせて昨季のような長期離脱だけは
絶対にさけないといけないし、新人組にとっては今後大きなプラスになることを考えれば、
今のまま慎重にやっていく方が良さそうです。
残り3試合でガロ、ネイト、ヒクソン、マギーなどが20分ぐらい出場するようならこの妄想は
全て吹っ飛ぶので出来ればそういう展開を期待したいです^^
もちろん無理してではなく万全の状態で出場が前提です。



ローソン 26分出場 8得点(1-8) FT5-6 10ast
アシストはいつも通り良いのと、これまで悪かったFTを5-6で決めているのは
     悪くないんですが、FGが1-8。ジャンプシュートが外れていたようなので
     そこまで心配することではないかな。


モズコフ 27分出場 18得点(5-8) 6reb 4TO
     4TOは気になりますが、それ以外はこれまで通り良いスタッツです

ウィルチャン 25分出場 18得点(6-11) 3reb 4stl
       シュートが決まっていたようで、4stlということは攻守で良かったということ?
       控えから常に15点とはいわないので、10点ぐらいを確率よく決めてもらいたいです
。 

ヌルキッチ 20分出場 5得点(2-3) 8reb 6TO 5ファアル
      リバウンドは良かったみたいですが、6TO、5ファアルとヌルキッチの悪いところが
      存分に出た試合だったようです。ここまで悪いところはあってもそれ以上に良い面が
      観られていんですが、今日は悪い方が大分上回った試合だったと思います。
      どうなっていたのかみたかった・・・


ハリス 20分出場 10得点(4-10) 3ast
    得意のディフェンスは映像をみないとほとんどわからないんですが、オフェンスは
    ダンク、3ptと2Q序盤は良い活躍をしていたようですが、それ以降はいまいちな出来。

    
グリーン 21分出場 12得点(4-10) 2ast 
     
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

映像がないのでESPNのplayーBYーplayで観たんですけどヌルキッチの6TOの内3つはoffenseファールが3つ オフェンス3秒1回 ボールロスト1回 パスミス1回だったみたいですね。ナゲッツは走り合いならどの相手でも勝負出来るんですがハーフコートオフェンスを強いられるとボールが落ち着かないんですよね。寧ろハーフコートオフェンスを強いられないよう攻め急いでる感じがします。当然リズムも悪く確率は落ちますし相手のオフェンス回数は増えるので失点も増えます。モズコフ・ヒクソン・ヌルキッチのフィジカルの強さを活かしてローポストを増やしたら良いと思います。ローズ不在のCHIなどがよくしてるオフェンスでブレイク・ケイマンが加入したPORもうまく機能してます。
ローソンのドライブでのオフェンスにも限界もありますし幾らシューターが居ても収縮させてないと3Pは難しいですからね

BDさんへ

ヌルキッチのTO詳細ありがとうございます。
ヌルキッチは良く言えば積極的、悪く言えば雑なんですよね・・・
ただ雑な面はありますがまだまだこれからなのでいろいろチャレンジ
しているのは良いことだと思います。

今のところハーフコートオフェンスがほとんど上手くいってないですね。
これから改善できればいいんですけど、毎年それができてなくて結局速攻しか武器が
ないままになるんですよね・・・
プレーオフを勝つためには絶対にハーフコートで得点できる力が必要になるので
それをどうするかですが、C陣のローポストも一つの選択肢だと思いますが
個人的にはガロの1on1もやってみてほしいです。

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。