スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS2勝6敗で終了 DENvsGSW

ナゲッツ     ウォリアーズ
PGグリーン   PGカリー
SGアフラロ   SGトンプソン
SFガロ      SFバーンズ
PFファリード  PFリー
Cモズコフ    Cボーガット


ローソン&ファリード欠場。
POR戦スターターをネイトにして上手くいかなかったから?なのか
詳しくはわかりませんが、ネイトではなくグリーンがスターター。

1Q 序盤オフェンスはヒクソン、モズコフのフェイダウェイが決まり得点できていましたが
  珍しくアフラロのディフェンスが悪く、ボーガットのスクリーンに完璧にかかり
  トンプソンを完全フリーにして決められ、ドライブで簡単にかわされレイアップ、
  さらにカリー相手に簡単にバックドアをつかれて得点されていました。
  その後DENのオフェンスが決まらなくなり、一方GSWはボーガットがダンク、アシストと
  無双。一気に10点差。
  終盤モズコフ、ネイト、アーサーとなんとか得点して一桁差で1Q終了。
  DEN21-29GSW

  
2Q ネイト、フォイ、ウィルチャン、アーサー、ヌルキッチで開始。
  オフェンスはネイトがドライブからエンドワン、その後再度ドライブから得点
  ヌルキッチがオフェンスリバウンドから、そしてポストプレーからフックと
  苦しいながらになんとか得点できていたんですが、ディフェンスでバルボサに連続3ptをくらい
  レイアップでエンドワンを決められるなど止められず点差は縮まりません。
  ヌルキッチがポストプレーからまた得点するも、今度はエジリにポストプレーからエンドワンを決められる。
  ヌルキッチ交代でマギー登場。
  得点は出来るけど得点を止められないという1Qからの流れは続き
  マギーのアリウープダンク、ジーのスティールからダンクと得点はできるんですが、
  ファアルが多くFTで得点されるなどで15点差とリードをひろげられます。
  その後ようやくGSWのオフェンスが止まってくれて、マギーのダンクで点差を少し縮めて2Q終了。
  DEN51-62GSW
  
  DEN FG50% 3pt20%(1-5) FT10-13 
  
  GSW FG61% 3pt53%(7‐13) FT11-16 
 
  ペイント内の勝負では勝る場面もありますが、外の勝負では圧倒的に負けています。
  点の取り合いになるとGSWの破壊力には勝ち目がないので、後半ディフェンスを
  なんとかして欲しい。

3Q スターターで開始しますが、ガロは3分出場しただけでQミラーと交代。
  トンプソンが全く止まらない。1Qはアフラロのディフェンスにも問題があったけど
  3Qはディフェンスがそこまで悪くないにもかかわらず、あっさり決めてきていました。
  トンプソンは止められませんでしたが、DENのオフェンスもグリーンが得点するなど
  地道に得点を重ねていたので点差としてはそこまで離れず3Q終了。
  DEN80-93GSW

4Q フォイ、アフラロ、ウィルチャン、アーサー、マギーで開始。
  アーサー、そしてなんとマギーがミドルを決めて9点差と一桁差にしますが
  すぐに返されて12点差。
  アフラロ、アーサー、マギー交代でジー、ヌルキッチ、ハリス
  フォイ、ハリス、ジー、ウィルチャン、ヌルキッチのメンバーになり
  フォイの3pt,ヌルキッチFT2本成功、そしてハリスの3ptが決まり
  1Qから4Q序盤まで続いていた10点台の攻防から抜け出して6点差とします。
  6点差になったところでGSWはリー、トンプソンが出場。
  カリー、トンプソン、バーンズ、リー、ボーガットの本気メンバー
  本来ならイギーがここに入る?のかもしれませんが6PFで退場になってます。
  DENはフォイ、ハリス、ジー、ウィルチャン、ヌルキッチのまま、6点差で残り8分。
  P&Rからヌルキッチが得点(放り投げた感じだったのに入りました^^)さらにその後
  ヌルキッチがゴール下でファアルをもらいFT2本成功でついに2点差。  
  2点差となりエンジンがかかったのかここからGSWのオフェンスがトンプソン中心に
  止まらず一気に9点差、その後フォイが1on1で連続得点するなど勝利への光を
  なんとか照らすものの、結局2点差となったところから最後までGSWのオフェンスを
  止めることはできず試合終了。
  DEN112-119GSW
  
  終始主導権はGSWが握りGSWのスイッチの入れ方次第でブローアウトもありえる
  試合展開でしたがいまいち集中力を欠き、それにDENが上手くつけこみ、
  前半の散々な出来から後半ある程度立て直して4Qにフォイ、ハリス、ジー、ウィルチャン、ヌルキッチの5人で
  GSWのスターターを引きずり出し勝負になる所まで持っていけました。、
  負けはしましたがハリス、ヌルキッチに経験を積ませながら、なんとか一矢報いることは出来たと思います。
  
  
  この試合が最後のPSだったのでこれでPS終了。
  PS成績2勝6敗
  お試し期間が長かったこと、怪我人の状況を考えると2勝6敗は仕方ないかなと思います。
  2勝6敗は別にいいんですがローソン以外でのオフェンスの形がいまいち見えてこなかったのは
  シーズンに向けてかなり心配です。   

アフラロ 20分出場 3得点(1-4) 
POR戦(映像は観れてないのでスタッツだけですが)に続いて
攻守でいいところなし・・・ 
オフェンスが不調なのは別にいいんですが、ディフェンスがいまいちなのが少し心配です。

     
フォイ 25分出場 13得点(4-14) 4ast
    4Q終盤1on1から得点しましたが、それまではジャンプシュート、レイアップが
    決めれずFG1-11と散々な出来。
    スポットアップシューターとして使えばPOR戦に続きこんな悲惨な成績にはならないと
    思うんですがネイトと組む以上それは難しそうなので、PGの感じでプレーするのは
    いいけどシュートに関しては、フォイにもう少し自重してもらうしかなさそうです。 
  
  
ヌルキッチ 15分出場 16得点(5-8)FT6-6 8reb(4orb) 1blk
    ポストプレーからフック、P&Rからレイアップ、ジャンプシュート
    様々な形から得点した上、PS序盤戦入る気がしなかったFTを6-6
    文句のつけようがない出来。


マギー 12分出場 11得点(5-6) 5reb
    アリウープ2発、リバースダンクと相変わらずの身体能力を発揮して得点
    リバウンドも5と出場時間にしては十分、2試合を観る限りPTは限られていそうですが
    怪我の影響はなさそうなので良かったです。


ジー 24分出場 10得点(4-7) 6reb 3ast  
   攻守で存在感があり完全にDENにフィットしています。
   ガロ、ウィルチャンがいるのでローテ入りは厳しいと思いますが
   何かあった時にジーが控えているのは心強いです。


グリーン 16分出場 12得点(5-8)3pt2-3 3ast
     ミドル、3ptをどのエリアからも決めて長所である得点能力を発揮。
      
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。