スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギーがリーディングスコアラーでは勝てんよ DENvsSAC

ナゲッツ     キングス 
PGローソン    PGコリソン
SGアフラロ    SGマクレモア
SFウィルチャン SFルディ
PFファリード   PFトンプソン
Cモズコフ    Cカズンス


ヒクソン出場停止(残り2試合)

1Q 形になって得点したのはローソン、モズコフのP&Rとローソンのドライブから
  アーサーにパスしてフローターを決めたのぐらいでした。他はファリード、アフラロが
  ポストプレーから得点を狙ったりしていましたが全く決まらず。ただOKC戦と違ったのは
  FTを貰えていたこと、そしてそれをきっちり決めて得点したことで悲惨な結果にはならず。
  ディフェンスはキングスがTOを続出してくれたことと、ファアルは嵩みましたがペイント内で
  簡単に得点させませんでした。
  DEN22-19SAC
    
  両チームFG26.1%と酷い有様。

2Q 序盤ネイトが個人技で得点、その後3度もオープン3ptの形を作りますが
  フォイ、ウィルチャン、ローソンと決めきれずリードをひろげることはできません。
  中盤はカズンズ、モズコフがポストプレーから華麗にレイアップ、ミドルを決めあい
  一進一退の展開となりますが、その後コリソンがファアルをもらいFTを決めて得点するSACに
  対してDENはなかなか得点できずリードされて2Q終了。
  DEN46-51SAC

前半スタッツ
DEN FG34%(15-44) 3pt1-6 FT15-18 REB23(7orb) TO7
SAC FG33%(15-45) 3pt0-3 FT21-24 REB30(10orb) TO8  


3Q 開始早々モズコフが4つ目のファアルとなりマギーと交代になりますが
  アフラロが3ptを決め、マギーがポストプレーからレイアップを決め、速攻でファリードがダンクと
  いいテンポで得点します。その後TOからマクレモアにアリウープをくらい、コリソンに連続で
  ジャンプシュートを決められ得点されますが、DENオフェンスも速い展開でファリードが
  ローソンのP&Rからダンク、ポストプレから得点、マギーも1on1からレイアップを決めて得点するなどで
  なんとかついていきます。
  その後アーサーの好守備もあって流れはDENだったんですが、速攻を決めれなかったり
  ガロが連続で3ptを外したりで逆にSACにリードをされて3Q終了。 
  DEN77-79SAC

4Q ファリードからネイト、アーサーがピック&ポップから3pt、ここまで全く決まらなかった
  ウィルチャンの3ptが炸裂するなどオフェンスは良かったんですが、
  SACもランドリー、カスピが得点して同点で残り6分。
  その後もDENはウィルチャンが連続でタフなレイアップを決め、SACはカズンズ、ルディが
  得点と一進一退の展開。残り3分SAC2点リードでウィルチャン、アフラロが連続で3ptを外して
  ルディにポストプレーからカウントを決められて5点差。
  その後マギーがFTを決めたり、ローソンのレイアップが落ちた所をプットバックレイアップを決めますが
  SACにFTを与えそれをきっちり決められて差を詰めることができず試合終了。
  DEN105-110SAC
  
  後半はある程度良かったとはいえ、決めるべきところで決めきれず
スタッツ的にも内容でも3試合連続で勝てば幸運負けて当然の試合でした。
  
 オフェンス 
  FG38.7% 3Pt20.8%(5-24) FT28-33 
  オープンを作れていましたがことごとくシュートが決まらない。
  ローソン、ガロ、アフラロ、ウィルチャンという得点面で貢献しなければ
  ならない選手のシュートが決まらないんではショウHCがどのようにローテしようが無理。
  14分しか出場してないマギーがチームのリーディングスコアラーでは勝てるわけないですね。
  唯一良かったのはFTを確率よく決めたことです。

  ディフェンス
  FT47本与え結果的に110点とられているのでディフェンスが良かったとはいえないですが、
  OKC戦に比べれば個々でまずまずやれていました。
  

  前半戦苦戦すると思っていたとはいえ、開幕から3試合DET、@OKC、SAC
  OKCが怪我人続出ということを考えると普通にやれば3連勝できたはず。
  これが1勝2敗になってしまったということが今後相当効いてくるような気がします。
  それともこの内容で1勝できたことが幸運だったと捉えるべきなんでしょうか・・・
  内容のある勝利が観れるのは大分先になりそうです。

sac4.png

sac3.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです

開幕から観てるんですけどナゲッツらしい試合は見られないですね。
正確には試合の途中でナゲッツらしいオフェンスは観れることは観れるですが(3Qみたいに)・・・全体的にはらしくないですね(ハーフコートオフェンスで手詰まりになるのはナゲッツらしいけど)。少し気になったのでナゲッツの3Pについて調べたんですけど
3PAは24.7本(11位)で成功率は24%(29位)と酷いものです。
原因はハーフコートオフェンスで行き詰まり仕方なくフォイ・アフラロが打ってる。
インサイドにボールが入らずアウトサイドだけでパス回して3Pを打ってるケースが多く十分にディフェンスを外せてないなど色々ありますね。
次にFGAは86.0本で全体5位ですがFG%は39%(29位)なんですよね・・・これもハーフコートオフェンスがうまくいかずタフショットが増えてるのが原因ですね。正直言えばハーフコートオフェンスでの工夫が足りないんですよね。それはローソンに問題あるのか他のオフザボールでの動きが悪いのかわかりませけど・・・

BDさんへ

お久しぶりです^^
詳細なデータありがとうございます。
単純にシュートを決めれてないというのもありますが
ハーフコートで形を作れてないことで、タフショットになり
外れているという場面が多いですね。
これまでの走って走って走りまくるオフェンスではなくて
ハーフコートオフェンスを中心に得点をとれるシステムを
作ろうとしているようにみえるので、それが完成するまで
もう少し時間が必要だと思います。


プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。