スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EAST遠征勝ち越し DENvsCLE

ナゲッツ     キャバリアーズ
PGローソン    PGアービング
SGアフラロ    SGマリオン
SFウィルチャン SFレブロン
PFファリード   PFラブ
Cモズコフ    Cバレジャオ


欠場者
DEN:ヒクソン
CLE:Dellavedova

1Q NYK戦に引き続きアフラロのシュートが好調、ローソン、ウィルチャンもシュートを決めますが
  パスミスなどのTOが多く結局1QだけでTO7と続出。思った以上に得点が入らず。
  ディフェンスはアービング、レブロンは大人しくしてくれてたんですが、
  その分ラブがローポストからポストプレーでファリードを圧倒して得点されました。
  TOを減らせていれば十分リードできた展開だけにもったいない1Q。
  DEN24-26CLE

2Q ハリス君は起用されず、控えのバックコートはネイト、フォイ。
  IND戦は良かったけど、NYK戦でのダンクミスなど精細を欠いた場面があったから
  仕方ないといえば仕方ないか・・・ 
  そういえばヒクソンも起用されず、セカンドユニットはネイト、フォイ、ガロ、アーサー、マギーの5人。
  ベンチの時間帯はオフェンスがほとんど機能せず、アービングの2本の3ptなどで7点差になると
  序盤にしてフォイ、マギーに代えてアフラロ、モズコフを投入。
  その後オフェンスはローソン、アフラロが1on1を仕掛け得点orアシストにもっていく形が
  上手く決まり、2Qもラブにやられていたファリードを終盤に代えて
  アーサーを出場させると、オフェンスリバウンドを連続でもぎとる、3ptを決めるなど活躍。
  序盤の7点差から追い上げリードして2Q終了
 DEN53-52CLE

 前半スタッツ
DEN FG51.2%(22-43) 3pt5-13 FT4-5 TO9
CLE FG41.5%(17-41) 3pt5-15 FT13-17 TO6

3Q CLEのTOで連続して速攻でレイアップ、トップの位置でローソンとモズコフのP&Rから
  左コーナーへパス→ウィルチャン、アフラロが3ptを決めるなどオフェンスは依然として
  好調を維持します。ディフェンスはラブに3pt,ポストから得点されはしましたが
  それ以外はほとんどフリーを作らせず抑えれていました。6分を終えて9点差
  その後CLEのゾーンディフェンスに手こずり2ポゼッション得点がとれず
  レブロンの1on1で連続得点され嫌な流れになったんですが、
  CLEがなぜかマンツーマンに戻してくれて再びローソンなどが得点。
  終盤アフラロ、ウィルチャンがトランジションから得点するなどで
  10点差にするも、ウェイターズの個人技にやられ差を6点に縮められて3Q終了。  
  DEN81-75CLE

4Q 立ち上がりゾーンを敷かれるも、アーサーがハイポストからミドル、
  セットオフェンスでネイトがコーナーでフリーになり3ptを決め、3Q攻略できなかったゾーンを攻略。
  その後マンツーマンになるもスクリーンを生かしてネイトが3ptを決めるなどオフェンスが停滞せず。
  ディフェンスではウェイターズにやられましたがそのほかの得点をとられずでベンチの時間帯を
  差を縮められずに乗り切ると、その後レブロンなどに得点をゆるしますが、アフラロ、ローソンの
  好調バックコート陣が得点をとり、終始10点リードを保って試合終了。  
 DEN106-97CLE

オフェンス
ショウHCのやりたい事と選手のやれることが噛み合ってないとか
今季プレーオフにいきたいならハーフコートオフェンスでは無理だ!!
なんて書いた次の日に今季一のオフェンスをするとは・・・
IND戦のような単に個人個人が1on1からタフショットを決めたのではなく、
ローソンがP&R、1on1で常にCLEディフェンスにギャップを作り自ら得点orアシスト
ローソン頼みではありますが流れの中から得点できていました。
毎試合のようにローソンが活躍するのは難しいので、ベンチの時間帯でも
得点できるパターンを作ってもらいたい。
ネイト、フォイ、ガロ、アーサーと駒は十分揃ってるので何かしら出来るはず。
 
ディフェンス
CLEの3ptが入らなかったことにも助けられましたが、DENディフェンスにしては
トランジションの戻りが早く、ローテーションも上手くいっていたように思います。
ウィルチャンのレブロンに対するディフェンス、モズコフのP&Rへの対応
そして2人のディフェンスリバウンド、この2人がディフェンスでかなり貢献しました。 
細かく観れていませんがレブロン、バレジャオのP&Rにやられなかったのも
この2人のディフェンスが良かったからかもしれません。


DENの手詰まりオフェンス、CLEの華麗なパッシングオフェンスを観る試合になるんだろうなと
予想していたんですが、まさかの今季一の試合をして快勝^^ 
POR戦惨敗→IND戦快勝→NYK戦惨敗→CLE戦快勝、ここ4試合での浮き沈みが激しい。
@IND、@NYK、@CLEのEAST遠征3戦で観ると2勝1敗の勝ち越し。
NYKに惨敗しましたが、2勝は快勝なのでこの3戦としては十分な結果を残せています。
ショウHCではもう無理だろうというところから、このEAST遠征で少しですが希望は見えました。
今後のショウHCの去就は10試合経って3勝7敗なので当然ですが
内容の良し悪しではなく今後の結果次第。
個人的には次の10試合で最低6勝4敗の勝ち越し、それをクリアできれば30試合で勝率5割に戻す、
これならばプレーオフへの道はまだ開けていると思うのでショウHC続投でいいと思います。
20試合を12勝8敗なので勢いに乗りさえすればいけます。
  


次戦は2日後ホームでのOKC
OKCは明日UTA戦があるみたいなので、B2BでのペプシセンターとなりDENが日程で有利。
前回対戦したときと比べるとジャクソン、モロー、ラムが復帰しましたが
西ブル、デュラントはまだなので戦力面でも有利。
明らかにDEN有利ですが、ここまでこれは勝てるだろうという条件下で散々負けてます・・・
そろそろしっかり勝って今季初の連勝で勢いに乗りたいところ。

cle6.png

cle7.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。