スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5連勝でついに5割に DENvsCHI

ナゲッツ     ブルズ
PGローソン   PGローズ
SGアフラロ    SGバトラー
SFウィルチャン SFダンリービー
PFファリード   PFベアストウ
Cモズコフ    Cガソル


欠場
DEN:フォイ、マギー
CHI:ノア、ギブソン 

1Q ハーフコートではローソンを基点にアフラロ、ウィルチャンがコーナーから3pt,
  ファリード、モズコフがミドルと外から次々シュートを決め、
  スティール、ディフェンスリバウンドから速攻も飛び出し、
  序盤だけでローソン5アシスト、スターター全員得点と理想的なオフェンス。
  中盤以降、崩し切れずタフショットを強いられる場面が多くなりますが、
  序盤の流れが活きたのかガロなどのシュートが決まり、ファリードの速攻ダンクもありで
  オフェンスはほとんど停滞せず。ディフェンスはペイント内でバトラー、ガソルに
  やられましたが外からは決められませんでした。
  攻守ともに出来が良かっただけに10点リードでも物足りない1Qでした。
  DEN30-20CHI

2Q ネイト、ハリス、ガロ、アーサー、ヒクソンで開始。
  フォイが欠場のためハリス出場。マクダーモットも出場。
  ハリスvsハインリック、ガロvsマクダーモット、個人的な願望としてはSLで
  観たようなハリスvsマクダーモットのマッチアップが観たかったんですが、
  サイズが違いすぎるし無理ですよね^^
  ネイトがピックを上手く使いぺネトレイトからヒクソンへアシスト、キックアウトしてアーサー3pt
  自らも得点をあげるなど,セカンドユニット定番の何の工夫もなく外から放り投げる
  オフェンスが大分改善されていました^^
  オフェンスは好調でしたが、ディフェンスでブルックスに3ptファアル&3ptを食らい、
  ミロティッチのポストプレーにアーサーが苦戦、6点差まで縮められます。
  残り6分で両チームスターターが戻る。
  ウィルチャンが連続でドライブから得点、12点リードにひろげますが、
  その後ファリードがプットバックミス、アリウープもミスで得点できず
  バトラーにFTを与え、ダンリービーに3ptを決められるなどで7点に縮められて2Q終了。  
 DEN56-49CHI

 前半スタッツ
DEN FG51.1%(24-47) 3pt5-8 FT3-5 TO6
CHI FG41.7%(15-36) 3pt2-9 FT17-22 TO7

3Q CHIはローズに代わりハインリックが出場。
  立ち上がりファアルをもらいFTを得ますが、ファリード、モズコフでFT1-4・・・
  その後オフェンスはアフラロがタフショットを連続で決めるなどで得点しますが
  外へのディフェンスが緩慢でワイドオープンの3ptを連続で決められ3点差。
  DENタイムアウト後ここまでアシスト役に徹してきたローソンが一転して
  スコアラーに変身して5分間で13得点と荒稼ぎ。ハインリックをアンクルブレイクしての
  モズコフへのアシストもありました。
  ローソン無双で10点にリードをひろげて3Q終了。
  DEN86-76CHI

4Q ネイト、ジー、ガロ、アーサー、ヒクソンで開始。
  ハリスがいない・・・とか考えていると序盤ジーが2本のダンクを決め14点リード^^
  その後一桁差に追い上げられる場面もありましたが、ネイトの3pt,などで残り5分で14点リード。
  明日連戦でPHOと試合があるので、このままセカンドユニットで試合を終えられたら最高の展開
  だったんですが、バトラーがしぶとくFTもらい得点して勝負を決めさせてくれない・・・
  ローソンを投入して勝負を決めにいくと一旦14点リードとなったんですが、
  その後ガソル、ブルックス、バトラーと連続得点されて残り1分で4点差。
  外せば逆転負けとなりかねないオフェンスをアフラロが1on1からロングミドルを見事に
  決めて6点差。しかし直後オフェンスリバウンドからバトラーにエンドワンを食らい
  残り30秒で3点差・・・。
  再びプレッシャーのかかるオフェンスでしたが、今度はローソンが時間をギリギリまで使い
  1on1からミドルを決めて勝負を決めました。
 DEN114-109CHI

 スタッツ
 DEN FG50.6%(43-85) 3pt8-16 FT20-27 TO14
 CHI FG42.7%(35-82) 3pt7-21 FT32-37 TO12

 オフェンス
 CHIディフェンスの要であるノア、ギブソンがいればCHI相手にこんなことはないと思いますが
 FT以外はスターター、セカンドユニットともに完璧に近い出来。
 ガロが安定してきたことと、ネイトがピックを活かしてオフェンスを展開できていたことで、
 以前までのセカンドユニットの工夫無く外からシュートを撃つオフェンスが大分改善されて
 いました。これを続けてほしいです。
 
 ディフェンス
 今日もFT37本を与え、これで3試合連続30本以上。
 バトラーのファアルをもらう動きが上手かったとはいえ、
 一人の選手に20本FTを与えるのは・・・。
 これまでのDENを観てると相当難易度が高いことだと思いますが
 ウィルチャン、ファリード、モズコフでディフェンスリバウンドを確保できる
 可能性が高いだけに、ファアルをせずシュートを外させるディフェンスをしてもらいたい。
 

 4Q中盤には快勝ムードが漂っていたのに数分で状況は一転して外せば負けの可能性まで
 あり得るという試合に。CHIの粘りが(とくにバトラーがえげつなかった)凄かったということもありますが、
 OKC戦でも同じことをやられてるので、DENのクロージングにも問題がありますね・・・
 ただOKC戦も今日の試合も最後の最後はクラッチシュートを決めれて
 勝ててはいます。(どちらのチームも主力が欠場ですが)
 もう少し早い段階で勝負を決めてほしい・・・
 とくに今日の試合は明日試合があるので主力を休ませるためにも早く勝負を決めてほしかったです。
 理想の勝ち方にもっていくことは出来ませんでしたが、今日の勝利で5連勝となり7勝7敗
 ついに5割まで来ました^^
 この後も厳しい日程が続きますがWESTのPO出場ラインはおそらく勝率6割ぐらいに
 なりそうなのでまだまだ勝っていかないといけません。
  
 次戦は明日アウェイのPHO
 ネイトvsアイザイアのマッチアップに注目。
 昨季4戦全敗の借りをまずはアウェイで返そう。

chi10.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。