スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連敗 DENvsHOU

ナゲッツ      ロケッツ
PGローソン    PGベバリー
SGアフラロ    SGハーデン
SFウィルチャン SFアリーザ
PFファリード   PFモティユナス
Cモズコフ     Cハワード


欠場
DEN:フォイ、マギー
HOU:テリー、ジョーンズ、ガルシア、パパニコラウ

ファリード先発復帰&ガロ復帰 

1Q P&Rでローソン→モズコフへのバウンズパスをベバリーがスティール、
  さらにポストでアフラロにボールを入れようとしますがこれもベバリーがカット
  ベバリーに良いディフェンスをされてTOを連発、モズコフがFTライン付近で
  ノーマークもシュートを決められない、ローソン→ウィルチャンの3ptが
  効果的に決まった以外は機能せず8分間で12得点・・・。ただHOUオフェンスも
  ハーデンがFTなどで8得点しましたが、前回ペイント内で得点しまくった
  ハワード、モティユナスが決めれそうなシュートを決めきれず8分間14得点で
  HOU2点リード残り4分。
  ウィルチャンに代えてガロではなくアーサーをSFとして投入。
  HOUのシュートミス、TOを速攻に繋げアフラロ、ローソンがファアルをもらいFT獲得、
  ハーフコートでもアフラロ、アーサーがポストからターンアラウンド、ローソンを基点に
  パスを回してアフラロと交代で入ってきたガロが3ptを決めるなどで得点を重ね
  残り30秒で8点リード。
  このまま最高の形で終わりたかったんですが、その後ハーデンvsアーサーの1on1で
  アーサーが完璧にシュートチェックをして3ptをブロックしたと思ったらファアルのコールでFT3本・・・
  このファアルに怒ったショーHCがテクニカルで4点を献上・・・
  さらに最後のオフェンスでアーサーが3ptを放った際にチェックにいった
  モティユナスが僅かにアーサーの手に触れますが、ファアルをとってもらえず
  アーサー抗議でテクニカル・・・orz
  4点リードしたとはいえ最悪の流れで1Q終了。
   DEN29-25HOU

  1Q残り1分30秒アフラロがガロと交代したとき
  ローソン、ガロ、アーサー、ヒクソン、ヌルキッチというビッグラインアップになっていました。
  SFアーサーはまだ分からなくないですが、SGをガロにするとは驚きでした。
  攻守でのリバウンド、オフェンスで高さのミスマッチを作るため、
  ディフェンスでスイッチしていくから?他にも。

2Q ヒクソンをファリードに代えただけで、SGガロ、SFアーサーは変わらず
  ローソン、ガロ、アーサー、ファリード、ヌルキッチのビッグラインアップで開始。
  ファリードのハーフコートアリウープレイアップ??という名称でいいのか分かりませんが
  それが決まり、1Q最後の悪い流れを変えたと思ったんですが、アリーザにバンクショット&3ptを
  決められて1点差。その後ヌルキッチがハワードからスティール→速攻で外に開いていたガロが3pt
  さらにベバリーの3ptが外れた後も速攻を仕掛けローソン→ファリード→アーサー→またも
  外に開いていたガロが3ptを決め、しかもファアルをもらい4ptプレーで一気に10点リード。
  HOUタイムアウト後もDENの勢いは止まらない。
  ヌルキッチがポストでパスの受け渡し役となり、アフラロ3pt,ファリードダンク
  さらにヌルキッチスティール→速攻でアフラロレイアップ、ウィルチャンの3ptが
  決まって残り4分で16点リード。ここで10分以上出場していたヌルキッチがモズコフと交代。
  すると2Qほぼ完ぺきに抑えていたハワードが次々と得点・・・モズコフだけが悪いわけでは
  ないですがヌルキッチが抑えられていただけに・・・
  4分間全くHOUオフェンスを止められず一気に5点まで縮められて2Q終了。  
  DEN60-55HOU

 前半スタッツ
 DEN FG46.8%(22-47) 3pt7-12 FT9-9 TO8
 HOU FG41.5%(17-41) 3pt3-10 FT18-22 TO6

  前回の試合と2Qの感じを観ているとハワードに対してはモズコフより
  ヌルキッチの方が圧倒的に守備で良いパフォーマンスをみせているので
  もしかしたら後半スタートからヌルキッチで、と思ったんですがモズコフのまま開始。

3Q ファリードポストプレー連発も失敗。その後ハワード相手にも一瞬やろうとしましたが
  躊躇ってパスを探しているうちに24秒orz 
  ローソン、アフラロのTOなどもあり6分間でFGはウィルチャンのジャンプシュート1本のみ・・・
  その間HOUオフェンスも良いという訳ではなかったんですが、モティユナスがポストから
  フック&3pt、ハーデンがタフなジャンプショット2本決めるなどで得点される。
  HOU1Q終盤以来のリード。
  終盤またローソン、ガロ、アーサー、ヒクソン、ヌルキッチのビッグラインアップ。
  HOUオフェンスを止めることは出来ませんでしたが、ヌルキッチがフック連発、
  ヒクソンがミドル&ダンクで得点して、なんとか3点リードで3Q終了。
  DEN78-75HOU

4Q ローソン、ガロ、アーサー、ヒクソン、ヌルキッチで開始。
  立ち上がりハワードのポストプレーをまたもヌルキッチが抑え、ガロ、ヒクソンの得点で
  7点リードしますが、直後リバウンド争いでヌルキッチがファアルをとられて5PFとなり
  ヒクソンと交代。
  その後速攻からハワードに連続得点、アリーザに3ptを決められてHOU逆転。
  中盤、ハーデンがぺネトレイトからキックアウトしてアリーザ3pt。さらにぺネトレイトから
  今度はハワードへアシストしてHOU5点リード。
  その後HOUはTO連発で得点できず、アーサーの3ptが決まり残り3分30秒で同点。
  ハワードをファアルでしか止められませんがFT1-4と外してくれて、ファリードのナイスパスから
  アフラロのレイアップ、アフラロスティールからレイアップが外れた所をファリードがプットバック
  ダンクが決まり、残り1分30秒で3点リード。  
  その後ハーデンの3ptは外れますが、ベバリーにリバウンドで絡まれ、ハワードにボールが渡り
  ファアル。FTをハワードが2本しっかり決め1分で1点差。
  アーサーが3ptフェイクからドライブしてフローター気味に狙いますが失敗。
  しかしウィルチャンがオフェンスリバウンドをとり、時間を使ってローソンがミドルを撃つ。
  ただこれも外れて21秒でHOUボール。
  ハワードのスクリーンでウィルチャンとアーサーがスイッチするとハーデンvsアーサーの1on1。
  ステップバックするハーデンにしっかりとチェックにいけていたんですが3ptを見事に決められて
  10秒でHOU2点リード。
  ファリードにボールが入るとパスを出すと見せかけてぺネトレイトしますがハワードに完璧に
  対応される→コーナーに走っていたアフラロへパス→ハーデンが完璧にチェックしていて
  スティールされる・・・orz
  当然ハーデンにファアルしてFT。ハーデンが2本目のFTを落としますがリバウンドに絡まれて
  少し秒数が進み残り4秒。タイムアウトも使い切っていたのでエンドラインからのスタート。
  ローソンが持ち上がりそのままシュートかと思ったんですが、貰いに来たアフラロへパス
  即座にアフラロが3ptを放つとブザーと共にリングに吸い込まれて同点!!
  なんでアフラロが良い体勢で撃てたんだとスローをみると、ハーデンが完全にアフラロを
  見失ってました。
  とにかくアフラロのクラッチが炸裂してOTへ。
  DEN99-99HOU

OT 4Q終盤出場していたローソン、アフラロ、ウィルチャン、アーサー、ファリードで開始。
  ファリードが5ファアル&ポストディフェンスが悪いという所を
  モティユナスに突かれてポストで連続得点をゆるし、しかもファリード6PFでファアルアウト。
  ただ交代で入ってきたガロが3ptを決め逆転。
  その後ハーデンが止められず3連続得点、DENオフェンスもファアルをもらいFTを獲得するん
  ですがアーサー、アフラロが1本ずつ外したことでHOU1点リードで24秒をきったため、
  ファアルゲーム突入。
  ハーデンがきっちり2本を決め、直後のDENオフェンス、スクリーンを使って上手くガロが
  右コーナーでフリーになりますがロング2or3pt?が外れてベバリーがリバウンド。
  ベバリーFT2本決めHOU5点リード。
  アフラロがタフな3ptを決めて11秒で2点差にしますが、ベバリーがまた2本決めて4点差。
  再びアフラロが3ptを狙いますが今度は外れて試合終了。  
  DEN111-115HOU
 
 3連敗で10勝15敗。
 今後WEST上位7チームが急激に落ちる可能性は低く、8位の枠を狙うのは
 既に抜かれているOKCが好成績を残してくると予想されるので、まだ25試合ですが
 早くもDENのプレーオフ進出は赤信号が灯っているような・・・
 
 スタッツ
 DEN FG40.4%(40-99) 3pt13-30 FT18-23 TO15
 HOU FG41.2%(35-85) 3pt8-28 FT37-48 TO16

 オフェンス
 ・OTということもあって、おそらく今季最高の30アシスト(前半17、後半9、OT4)
 ・17astが表すように前半速攻、ハーフコート両方でパスが効果的に回りシュートを決める
 ・後半はHOUディフェンスに撃たされたのか?DENのセレクションが悪かったのか
  ペリメーターのシュート多数でほとんど決まらずFG34.6%
 ・FT18-23はこれまでのDENを考えると決まった方ですが、大事な所でアーサー、アフラロが外す。
 ・OTで重要なFTを外したアフラロですが、4Q同点となる3ptブザービーターは昨季のフォイ並みに震えた。 
 ・ガロが好調だったこととヌルキッチがオフェンスの起点になっていたことは
  今後に大きなプラスになるはず。というかなってくれ。
 
 ディフェンス
 ・ハーデン、ハワードに計37本のFTを与える 
 ・今回もモティユナスを抑えることが出来ず18得点される
 ・ハワードのポストに対してヌルキッチが良い対応を何度も見せたのは大収穫

 次戦はホームでLAC戦。

hou25.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。