スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4連敗(ホーム8連敗) DENvsPHO

ナゲッツ     サンズ
PGローソン   PGブレッドソー
SGハリス    SGナイト
SFガロ      SFタッカー
PFアーサー   PFマーキーフ・モリス
Cヌル吉     Cレン


欠場
DEN:ファリード、ウィルチャン

PHO:

ファリードはOKC戦で親指を痛めたようで欠場
ウィルチャンは内転筋?を痛め欠場
空席の方が多いんじゃないか状態で試合開始・・・

1Q 鯛のスティールなどでPHO3連続TO、一方DENはハリスがレン相手に体をぶつけながら
  レイアップをねじ込み、鯛が3ptを決めて8-0のランで最高の立ち上がり。だったんですが
  ジャンプシュートの際に足を痛めたのか?アーサーが離脱・・・ヒクソン投入
  その後ナイトに連続でミドルを決められるなどで今度はPHOが8-0のランであっさり同点に。
  中盤以降、ガロの3pt、ヌル吉がフォイのタフなパスを上手くキャッチしてファアルをもらい
  レイアップを決める。Lauvergneがライト相手にポストで押し込んでフック&offリバウンドから
  カウントを決めるなど、綺麗に決まったのはフォイ、ヒクソンのPNRぐらいで、相変わらずの
  行き当たりばったりオフェンスでしたが今のDENにしてはまずまずの得点力を発揮してました。
  ただPHOオフェンスを全く止められない・・・
  グリーンに3pt連発&タフなミドル、PNRの対処が悪くライトをフリーにして決められる。
  挙句の果てにはマーカスのモリスにハーフコートショットを決められてしまう・・・
  結局PHO9点リードで1Q終了orz
  折角オフェンスは苦しみながらも何とかなってたのに、あれだけ得点を与えてはきつい。
  1QPHOのFG%68.4・・・
  DEN26-35PHO

2Q ネルソン、LauvergneのPNR、P&Pで連続得点。
  ネルソンのパスが華麗かつ完璧&Lauvergneがタフなレイアップ、3ptを決めと、
  今のDENではなかなか観られない華麗な得点でした。
  これによって流れを掴んだのか?ライト&バロンにオフェンスリバウンドをとられまくりますが
  失点はせず。バートンがリバウンド後速攻に持ち込みFT獲得。さらにヌル吉がグリーンから
  スティール→ハリスがFT獲得。さらにバートンが3ptを決めて8-0のランで1点差まで追い上げます。
  しかしその後、ヌル吉が3ファアルとなり、ヒクソンと交代するとブレッドソー、モリスにレイアップ
  を決められ(ちなみにヌル吉がいれば止められたという失点ではなかったです^^)5点差。
  いつもならここから離され試合を決定づけられる展開となるんですが、バートンが見事なカットから
  ファアルをもらいFT獲得。さらにバートンがリバウンド後自ら持ち上がりノールックパスで
  ヒクソンへアシスト。
  バートンの躍動で引き離されずなんとかついていくと、ガロの得点で残り4分30で同点(・∀・)
  ここから逆転でというところでしたが、そんな上手くいく訳もなく・・・この試合初登場の
  ウォーレンのオフザボールの動きにDENディフェンスがついていけず、次々と失点を重ね
  PHO7点リードで2Q終了。
  DEN51-58PHO

 前半スタッツ
 DEN FG38.1%(16-42) 3pt5-16 FT14-19 TO8
 PHO FG48.9%(23-47) 3pt3-11 FT9-12 TO9


3Q アーサー離脱のため、バートンをSF、ガロをPFとして開始。
  ハリスの3pt、ガロ3pt連発、バートン速攻から華麗なスピンムーブでタッカーを躱してレイアップ
  序盤オフェンスが絶好調で3点差まで追い上げます。
  その後、ヌル吉によるルーキーとは思えないふてこさ全開のプレーがまた飛び出しました^^
  ヌル吉のポストプレー→チャージングを狙ったモリスが倒れる→笛はならずヌル吉楽々レイアップを
  決める→入ったボールをとってフロップすんなよ的な感じで倒れているモリスへボールを渡す→
  ヌル吉テクニカルo(^-^)o  その後PHOオフェンスは停滞気味だったので十分同点、逆転できるチャンスだったんですが
  ガロが連続TOでそのチャンスを逃すと、終盤ヒクソンのライトに対するPNRディフェンスが甘く
  簡単にパスを通され連続で得点されてしまい、グリーンの理不尽3ptも決まりで、またしても終盤に
  リードを広げられて、PHO10点リードで3Q終了。
  DEN73-83PHO

4Q フォイさんタフショットを撃って外す&グリーンに3ptファアルをする(゜-゜i)
  立ち上がりPHOに主導権を握られ15点差に。
  その後、リバウンド争いで着地の際に足を捻ったヌル吉が痛みで立ち上がれない事態に(゜д゜#)
  自ら歩くことができず車いす的な物で運ばれていく・・・ガロの時と同じ光景・・・○l ̄L
  おそらく全DENファンが落胆している最悪の状況の中当然試合は続き
  Lauvergneのポストプレーに何故かPHOディフェンスがダブルチーム気味にきてくれて
  好調のガロがワイドオープンで3pt、さらにバートンの1on1に対してブレッドソーがヘルプに
  きすぎて、鯛がオープン3pt、PHOディフェンスのまずい対応に助けられて6点差まで縮めて残り7分。
  ヌル吉怪我の落胆の中流れはDENに来そうなムードが漂っていたんですが、その後レンのダンクを
  バートンが強烈なブロック(゚ロ゚)しかしルーズボールをタッカーに拾われレイアップ・・・
  押せ押せムードはこの1プレーで消え去り、ハリスのTOからブレッドソーの速攻を食らい、
  さらにナイトに連続で3ptを決められあっさり14点差まで離されて試合終了。
  DEN96-110PHO

スタッツ
DEN FG38.3%(31-81) 3pt12-34 FT22-33 TO15
PHO FG42.9%(39-91) 3pt8-24 FT24-32 TO19


ガロ2試合連続の20得点、バートンキャリアハイの23得点にあと1点と迫る22得点
Lauvergne11得点、9リバウンド、ヌル吉珍プレーなど
勝利するにはまだまだ程遠い試合でしたが、最近の見どころ、内容がほとんど無く惨敗してしまう
試合に比べると、今回は遥かに見どころが多くあった(内容は・・・ですが^^)試合でした。

ただヌル吉が怪我したので気分は惨敗する試合より遥かに沈んでます(_ _|||)
怪我についての詳細はおそらくまだ出ていない?
痛がり方&自らの力で歩いて帰ることができない、あの場面だけ観たら2年前ガロがやった時と
同じ感じだったので1年もんの怪我か・・・と絶望したんですが、どうやらそこまでの重傷では
ないらしいです。ただあの痛がり方は尋常じゃないのですぐに復帰するのは厳しいような気がします。
ヌル吉がいない今後のDEN戦を観ることを考えると・・・本当に辛い

次戦はホームでUTA
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。