スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連敗 DENvsHOU

ナゲッツ     ロケッツ
PGローソン   PGベバリー
SGフォイ     SGハーデン
SFウィルチャン SFアリーザ
PFガロ      PFジョーンズ
Cファリード    Cモティユナス

欠場
DEN:ヌル吉
HOU:ハワード


1Q 立ち上がり、フォイさんのロング3pt、ファリードがテレジョンのペネトレイトを
  完璧に防ぎ苦し紛れにパスを選択したところをウィルチャンがスティールから
  ダンクに持ち込むなどで快調な出だしをみせて7-2とリードしたんですが
  TO連発でハーデン、ベバリーに得点され、モティユナスのポストからのフックで
  6-0のランを食らいあっさりと逆転される・・・
  その後ガロがオフェンスファアル&モティユナスのポストプレーに対するファアルで
  2ファアルとなりヒクソンと交代( ゚д゚)ファリード、ヒクソンというやってはならない
  フロントコートコンビが早くも結成されたので、これはずるずるいくパターンか・・・
  と思ったんですが、HOUオフェンスTOを繰り返す&ハーデンのドライブに対して
  ヒクソン、ファリードがしっかりプレシャーを駆けシュートを外させる。
  そしてお得意の速い展開にもっていきフォイ、バートンが得点、ハーフコートになっても
  鯛とヒクソンのPNRでギャップを作り得点とDENが優勢を極める予想外の展開になり
  残り3分で11点リード。
  しかしこの後、ブリュワーにスティールからエンドワンを食らい、さらにヒクソンのポストを
  使おうとボールを入れたところをジョスミにカットされて駆けあがっていたブリュワーさんに
  また速攻を許す、さらにさらにヒクソンレイアップミス戻り遅れたヒクソン、スティールを狙って
  失敗したバートンが置いてけぼりとなり5対3の状況で得点される・・・速攻3連発で一気に
  点差は縮まり、3点リードで1Q終了。
  DEN25-28HOU

2Q ベンチの時間帯は最近好調のネルソンとヒクソンのPNRを軸にオフェンスを展開したいところ
  なんですが・・・ガロが2ファアルにより早々に駆り出されていたヒクソンはお休み(3ファアルとい
  うこともある)ネルソン、ヒクソンのコンビを使えませんが、ネルソンが1on1からなんとか得点。
  ただブリュワー、アリーザに速攻を食らうなどで立て続けに得点されて、HOUオフェンスに
  ついていくことが出来ず、残り6分でHOU7点リード。
  その後スターターを戻して流れを変えようとしますが、1Q不調だったハーデンのギアが入ったのか?
  下手にヘッジをかけてしまったDENディフェンスが良くなかったのか?ハーデンに次々とアシストを
  連発されて、さらにリードを広げられ残り2分で13点差orz
  ガロのミドル、ウィルチャンレイアップでなんとか1桁差にして2Q終了。
  DEN48-55HOU

 アーサー怪我で離脱

 前半スタッツ
 DEN FG43.5%(20-46) 3pt2-10 FT6-9 TO11
 HOU FG40.7%(22-54) 3pt4-17 FT7-12 TO8


3Q ハーデン、テレジョンのPNRをガロのナイスヘルプで防ぎ
  アリーザのカットにウィルチャンがしっかりと反応してTOを誘う
  ハーデンの1on1はフォイさんが連続で止める
  DENにしては奇跡に近い( ̄ー ̄)bグッ!D連発でHOUオフェンスを止め
  フォイさんタフな3pt2発&レイアップでエンドワン、ガロ3ptなどで得点を重ね3分でDEN4点リード
  ハーデンを連続で止めた上にタフな3pt2発決めたフォイさん凄かった。
  しかしこんな素晴らしい展開が長く続くわけもなく、その後一気に息切れ。
  ファアルを重ねFTを与えまくり、序盤決まりまくったアウトサイドが決まらない。
  あっさりと逆転される・・・その後残り2分までは5点差と粘っていたんですが
  そこからブリュワー、アリーザに3ptを決められ、ハーデンの1on1からのペネトレイトに対して
  フォイさんが止められると思っていたのか、誰もヘルプにいかず簡単に得点されて
  結局15点差で3Q終了(_ _|||)
  DEN73-88HOU

4Q ハーデン無双で一気に20点差('';)
  あの状態のハーデンを誰であろうが止められないと思いますが、
  ネルソン、ウィルチャン、ガロがマッチアップしてたけど、なんでコートにフォイがいたのに
  フォイをつけなかったのかが謎。それで勢いをつけてしまった感が・・・ちなみにハーデン無双の時
  一回フォイがマッチアップするとハーデン3pt外してました・・・
  その後ファリードとの接触でファアルを吹いてもらえなかったハーデンがファリードに
  「ファアルだろてめぇ」みたいな感じで突っかかり、ハーデン、そして何故かそこに介入してきた
  ジョスミにテクニカル^^
  一応10点差まで追い上げましたがそれ以上点差を縮めることは出来ず試合終了。
  試合後ハーデンとファリードが話してるとこにテレジョンがファリードに指をさしてなんか
  言ってました。何を言ってきてたのか知りませんが不穏な空気が漂ってたのでファリードに
  とって良い言葉でなかったことは確かです^^
  DEN100-114HOU

スタッツ
DEN FG41.3%(38-92) 3pt9-30 FT15-19 TO18
HOU FG46.5%(40-86) 3pt10-28 FT24-32 TO22


SAS相手にアウェイであれだけ出来たんだから、ハワード抜きのHOU相手しかもホームなので
勝てるかもと若干の期待はあったんですが結果は完敗に終わりました。
いくら今のDENが最悪の状態を抜け出したとはいえウエストの上位陣には勝てませんね^^
まあブリュワーにあんだけ好き放題やられちゃ勝てん。一目散にコートを駆けあがるのは
知ってんだからもっと注意しないと・・・注意しててもあの速さでコートを駆けあがられたら
止めんのは難しいと思うけど。
HOUとは3月にもう一度試合があります。
試合後ひと悶着(というほどではないですが)あったファリードvsテレジョンが個人的に非常に楽しみ
そのマッチアップを実現するにはヌル吉に復帰してもらわないと。
ハワードも復帰してもらってヌル吉vsハワードのマッチアップも観たいです。 

次戦はホームでNYK
メロがいないので盛り上がりにかけるな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。