スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレシーズン選手評

今回は前回のプレシーズン振り返りでやりきれなかった
一人一人についの選手評をやります。
選手評というほど細かい分析がされているかというと全然されてないので、
個人的に思った感想に近いですが・・・まぁとにかくやります^^

ムディエイ
PSムディエイ
3戦目までは自らの落ち着きが無かったのと味方との連携がとれてなかったこともあり
ネガティブな要素が多く、良い印象を残せませんでしたが、その後4戦目のGS戦で
得点にアシストにと無双。さらに5戦目のOKC戦ではアシストこそ少なかったですが、
それまでの4試合よりも、より積極的に得点を狙いに行き22得点を記録と
素晴らしい活躍を魅せてくれました。
3戦目までのムディエイが仮の姿で本当の姿が4,5戦目に出たのであれば
今後大いに期待できそうです。というかそうじゃなくては困ります。
これからのDENの命運を握る最重要人物なので^^
前評判通り、視野の広さとパススキルの高さ、そして身体の強さは
既にNBAの先発PGとして十分に適応してると思います。
課題はショットチャートを観ても分かりますが、左に流れながら
難しい体勢でタフショットを撃つのが結構あること。
コービーしか決めれんレベルの撃ち方をしておりました(;^ω^)
ディフェンスは・・・正直悪い。スクリーンに引っ掛かりまくってたし、
オフザボールの対応も良くなかった印象です。ただ身体の強さはあるので
ポストプレーへの対応は良かった。
ハリス君という最高の見習うべき存在が隣にいるので、それを参考に
徐々に改善してほしい。

ハリス
psハリス
大学時代シューターとして活躍したというのに、ルーキーシーズンの昨季、
そして今年のサマーリーグと不振を極め続けた3pt。がなんとこの3ヶ月で
どう改善したのか詳しくは分かりませんが、このPSでついに決まり出しました∩(^∇^)∩バンザーイ
ディフェンスは素人目から見ても他の選手に比べてスクリーンへの対応が
段違いに良く、トランジションディフェンスも素晴らしい、相変わらずの鬼守備ぶりを
披露してるので、このままの調子で3ptが決まれば今季は相当期待できそう。

ガロ
PSガロ
3ptは空砲に終わりましたが、1対1やオフザボールの動きからの流れで
ミドルレンジのシュートを高確率で沈め、ペネトレイトからのレイアップ、
ファールを貰ってFTを決めることにも成功。
PS全体の平均得点は9.2得点とあんまりですが個人的に出来は
かなり良かったと思います。
奇跡のPO進出を叶えるなら、ガロが平均20得点ぐらいはいかんと無理。
PSの感じでミドルレンジ、ペイント内でシュートを決めたうえで、3ptもしっかり
決めていけばいけます。そう上手くいくなら昨季POいけてるよなって話ですよね^^
それぐらい難しいってことです。

ファリード
psファリード
自ら得点をクリエイトする力はないので、GS戦のように
PGとの合わせが上手くいったときは無双状態に入れるんですが、
そうで無いときは試合から消えることが多くなりがち。
一昨年ぐらいに覚えた必殺の右フックもGS戦でボーガット相手に
1度綺麗に決めたぐらいで他はあんまり見られなかったし・・・。
ただPHX戦はPGとの合わせからの得点というよりも、
オフェンスリバウンドから得点する場面が多かったです。
試合毎に出来ることをやって平均15得点ぐらいしてもらいたい。
そうなればオールスターも夢ではないんですがね・・・。
ディフェンスの方は対応自体そんな悪くないように感じるんですが
なんかシュートを決められちゃう印象があります。
見た目プレッシャーを掛けてるようにみえても、相手にとっては
そんなにという感じなのかもしれません。完全に印象論です^^

ネルソン
psネルソン
PSのチームMVPを決めるとすれば間違いなくネルソン。
それぐらいシュート、ドリブル、パスと一つ一つの動きにキレがあり、
状況判断も素晴らしかった。
出場した5試合の内、唯一シュートタッチが悪かったPHX戦でも
12アシストとオフェンスを牽引しておりました。
ムディエイにとってこんだけ状態の良いバックアップPGが控えているのは心強すぎます
再契約しといて本当に良かった^^
心配なのはこのキレがどこまで続くか・・・これがシーズン通して続くようなら
オールスターに選ばれてもおかしくないレベルなので。

バートン
psバートン
スティール後、シュートが外れた後などいち早くコートを駆け上がる
攻守の切り替えの早さ。自らリバウンドを獲り積極的にボールを
プッシュして相手の守りが出来上がる前に得点機会を作り出す動き。
さらに昨季はあまり見られなかったハーフコートでの1on1で
打開する場面もあり。攻守でリバウンドにも良く絡む。
昨季のDENに来てからの活躍がブラフではなかったんだなと
証明して魅せたPSでした。加入当初は観る限りブリュワーの下位互換
という感があったんですが、現状速攻のキレはまだ、凄まじかったころの
ブリュワーには及びませんが、ボールハンドリングの巧みさはブリュワー以上
まだ24歳なのでブリュワーを追い抜き上位互換になる可能性もあると思います。
これからが楽しみ。

フォイ
PSフォイ
7試合中3試合しか出てませんが、毎試合20分弱と出場時間は
そこそこ貰っておりました。ただ印象は薄い・・・というかフォイさん
出てたっけという感じなんですが・・・。
今季ハリス君のPTが長くなると予想され、昨季の勢いそのままPSでも
印象深い活躍を魅せたバートンがSGをやれるという状況なので
もしかしたらフォイさんの出番は無しに・・・なることは無いにしても
昨季のPT平均20分は大きく下回りそう。それぐらいPSでの印象が薄かった

ウィルチャン
PSウィルチャン
SG~PFまで幅広く守れるディフェンスとリバウンド力は
相変わらず素晴らしい。ただオフェンスに波があるのも
相変わらずでありました(;^ω^)ウィルチャン砲が炸裂した時は
脅威になるんですがね・・・。
あんま感想ないのでこんだけで^^

ラバーン
PSラバーン
ダメ押しみたい得点が多少あっとはいえ毎試合ダブルダブルに迫る
成績を残し、これ以上求めるのは難しいというぐらい、
攻守において文句のつけようがない出来でした。
ユーロがあったことで仕上がりが他の選手たちとは早く、
既にキレキレだった可能性もありますが、それにしても素晴らしかった^^
ヌル吉の調子が上がるまではCとしてスターターで起用しても
良いんじゃないと思います。

ヨキッチ
PSヨキッチ
ラバーンは昨季途中からプレーしているし、ユーロでのプレーを観てて
ある程度やれるだろうと思っていましたが、ヨキッチがPSでここまで活躍
するのは予想外でした。
ネルソンのお膳立てはだいぶあったにしても、
冷静にゴール下からシュートを決めるという出来そうで出来ない事をしっかりと完遂。
あのゴール下での冷静なフィニッシュ能力はヌル吉にはない部分ですね^^
ゴール下だけで無く、FTライン付近からのジャンパー、3ptも1本決めと
シュートレンジの広さも魅せてくれました。FTの確率は最終的に61%となってますが
UTA戦で外しまくっただけなので・・・でもサマーリーグ57%だったので
意外と下手なのかも・・・。
ディフェンスではフットワークがよろしくないこともあってか
スクリーンへの対応に苦戦している感はありました。
ヨキッチはまだ20歳!!シーズンでどのような起用になるのか分かりませんが
ムディエイ、ハリス、ラバーンなどと共にこれからが非常に楽しみです。

アーサー
psアーサー
怪我の影響でOKC戦からの登場となったアーサーさん。
出場した2戦とも2ndユニットでコンビとなるネルソンは欠場
さらにムディエイもUTA戦は欠場、OKC戦は2分程度しか共にプレーしてないので、
今回のPSはアーサーさんにとってシーズンに向けて連携面を高めるというよりも、
試合勘を取り戻すためのものだったかなと。まぁ昨季ネルソンと共にプレーしてるので
そこまで連携でごたつくようなことはないと思います。
トレードでDENにやってきてからの2年間、オフェンスの幅を広げるために
3ptを結構な数撃ってますがあんまし確率良くないので、それならミドルの
精度を上げてほしいというのが正直な所。
ただPSでも2本決めた右45度からの3ptはデータ上一昨年、昨年と
右45度からの3ptはかなり決まってるようなので、
その辺から狙う形を作るのはいいと思います^^
UTA戦で右45度から3ptを狙ったこの形みたいに↓
アーサー

ヒクソン
psヒクソン
LAC戦以降まともな出場時間を得られずPSが終了。
出場時間激減の流れとしては、LAC戦でやらかす→ラバーン、ヨキッチという
若手インサイド2人が台頭→出れなくなる。という流れ。
ただこの出場時間激減の最初の原因となったLAC戦でのヒクソンのやらかしに
ついてですが、ヒクソンが滅茶苦茶したというより(それもあるにはありましたが・・・)
チームとしてヒクソンを活かし切れてなかったということもあったかと思います。
どうにかしてくれみたいな形でヒクソンにボールを預けても
なんともならないのは周知の事実のはずなのに、そういう場面が多々ありました。
ディフェンスはもう改善しないと思いますが、オフェンスでヒクソンを活かす
方法は昨季ネルソンとのPNRが上手く言ってた時があったようにあるには
あると思います。ただPSでもそうだったように、ラバーン、ヨキッチの若手2人が
頭角を現してきた現状、その機会が与えられるかどうかは・・・

マイクミ
PSマイクミ
FGアテンプトの全てが3ptヾ(^▽^)ノ
一目スポットアップシューターとしての役割をこなしていただけの
ように見えますが、実際はCHI戦を観ればわかりますが、味方の動きを
把握してハンドオフからのアシストやペネトレイトで引き付けてから外に捌いての
アシストなど、ただ単に外で待機して撃っていた訳ではなかったです。
オフザボールの動きがいいので、外に待機してるだけでも十分な脅威になるんですが^^
それだけではなかったという感じでした。
そしてこれまたCHI戦になりますが、ディフェンスの方でも貢献しておりました。
超スモールラインナップを採用したことにより、PFで起用されていたマイクミさん。
CHIの新人ポーティスとのマッチアップだったんですが、ボックスアウトを怠らず
ディフェンスリバウンドを獲る場面が何度かありました。
SGにはハリス、フォイさん、バートン、SFにはガロ、ウィルチャンがいるので、
安定したPTを得られることはないと思いますが、いざとなった時に攻守両面で
貢献してくれるマイクミさんがいるのはかなり心強いとPSの動きを観て思いました。

グリーン
psグリーン
今回のPSもこれまでと変わらず良い意味でも悪い意味でも
グリーンらしさが出てました。
OKC戦のようにシュートタッチがすこぶる良い日は
バックアップPGとしてでも十分やっていけそうなんですが、
UTA戦のようにそうじゃない時はゲームメイクできるタイプのPGでは
ないので乱調気味になってしまい試合が崩れてしまう。
良い日の方が多けりゃ少々の乱調には目を瞑ることはできると思いますが
そうではないんで起用するのが難しいんですよね・・・。
ムディエイ、ネルソンに何かないと今季もPTは得られなさそうです。

肉ジョン
ps肉ジョン
PS終了後ウェイブされました・・・。
ディフェンスはミスというミスをしてなかった印象で
ハリス君には及ばないまでも、評判通り良かったと思います。
ただこれまた評判通りにオフェンスが・・・
シュート、パス、ドリブルの何かがずば抜けて悪いというよりも
軒並み平均以下だった気がします。
シュート精度だけでも向上すれば、素晴らしいディフェンス力を
持ってるんで起用の仕方はあると思うんですが今のままだと厳しい。
まだ22歳で十分改善できると思うので頑張ってもらいたい。


前回の記事と同じぐらい時間が掛るとは・・・。
選手評は大体で書いたのでヾ(・ε・。)ォィォィそんなにでしたが
nba.com/statsサイトのデータを基に作成した表が結構かかりました。
とにもかくにもプレシーズンのことについて開幕までに終わらせることが出来て良かった。
後は開幕を待つのみ。
順位予想とか本当はやっておきたかったんですがもう明日に迫ってるので無理ですね^^
やっても順位予想が当たってるかどうか照らし合わせたことほとんどないのであれですが(^▽^;)
確か開幕戦はアウェイでHOU戦。いきなり鯛との激突。
nba側が図ってやったのか知りませんが、面白い日程組んでくれますね^^
ムディエイvs鯛のマッチアップにももちろん注目ですが、
勝敗を分けるのはハリスvsハーデンのマッチアップになると思います。
ここでハリスが鬼守備を魅せてハーデンを完封するようならDENにも勝機ありかと。
開幕が楽しみ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。