スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連敗ストップ DENvsLAL

PGムディエイ  PGクラークソン
SGハリス    SGラッセル
SFガロ     SFコービー
PFファリード  PFランドル
Cヒクソン    Cヒバート

欠場
DEN:ウィルチャン、ヌル吉、ラバーン、ヨキッチ
LAL:


クエスチョナブルと言われていたラバーン、ヨキッチが揃って欠場。
開幕4戦目にして、Cの3枚が怪我でいないという状況になりましたヽ(´▽`)/
その事によって、ファリードとヒクソンがコンビを組まざるを得なくなる
という最悪の事態に・・・。

1Q ファリード、ヒクソンを並べた時点で予想通りといえば予想通りですが
  立ち上がりから、内外ともにゆっるゆっるのディフェンスを披露('';)
  ヒクソンはPNRに対してのポジショニングが悪く、簡単にペイント内への突破を許すし
  ハリス君がクラークソンを完璧に防いでいるのに、ムディエイがいかなくて良い
  ヘルプに行って外をフリーにしてしまうし・・・。コービーに決められたのは仕方がない。
  ガロはしっかりチェックには行ってたので、後は外してくれるのを祈るしかない。
  結果6分で20点獲られましたヽ(´▽`)/
  ただオフェンスの方はヒクソンがハリス君とのPNRからレイアップを立て続けに決めたり、
  ムディエイのパスを受けて豪快なダンクを叩き込むなど大暴れ。
  さらにファリードもティップイン、1対1からレイアップを決め、ハリス君は
  コーストゥコースダンクを披露。めっさかっっこ良かった。
  ムディエイはというと、いつも通りレイアップ決められないし、ファールも貰えない・・・。
  ディフェンスの緩さは半端じゃなかったですが、オフェンスでなんとか得点を獲り
  残り6分でDEN16-20LAL。
  良い意味でも悪意味でも目立ったヒクソンに代わり、アーサー登場。
  さらにネルソン、フォイ、マイクミさん、バートンを投入。
  PFをバートン、Cをアーサーにするという超スモールラインナップの完成。
  スモールラインナップにしたというよりは、Cが3枚もいないのでするしかないんですが・・・
  この時間帯からは初の出場となるマイクミさんが3ptを決めて一時は1点差としたんですが、
  その後ボールは良く回るものの最終的にはアーサー、バートンが
  タフショットを撃って外す、フォイさんはフリーでも外す・・・
  そしてFTを与え得点され残り2分で9点差。
  その後マイクミさんの3pt、ネルソンのミドルが決まりなんとか6点差で1Q終了。
  DEN30-36LAL

2Q ネルソン、フォイ、マイクミ、バートン、アーサーの超スモールランナップで開始。
  先程も書きましたがスモールラインナップに「する」というのではなく、
  Cが3枚いないので「しない」といけない状況です。
  とかなんとかスモールラインナップはやばいんじゃないかと悲観的な事を
  考えていると、ネルソン、フォイが連続で1対1からペネトレイトして得点、
  さらに本日3度目となるマイクミさんの3ptが決まり、3分も経たずして逆転に成功^^
  ディフェンスは正直緩かったんですが相手がシュートを外してくれました。
  逆転したところで、アーサー、ネルソンに代わりファリード、ムディエイを投入。
  さらに数分間で3本もの3ptを決めたマイクミさんに代わりガロを。
  LALもコービー、ラッセル、ランドルとスターターを戻して来ました。
  こっからファリードが躍動。
  いつも以上のリバウンド力を攻守で発揮、とくにディフェンスリバウンドを
  しっかり確保しておりました。そして必殺の右フックを決め、
  シュートファールを貰うと苦手のFTをきっちり2本決める。素晴らしい活躍でした。
  ただしディフェンスの方はランドル相手にかなり手を焼いてました。
  そのランドルが途中でガロと接触したらしくロッカーへ下がる。
  ファリードの躍動でリードを広げたかったんですが、クラークソンに
  立て続けに3ptを沈められるなどで差はつかず3点差で2Q終了。
  ムディエイのスクリーンに対するディフェンス悪すぎる・・・。
  DEN60-57LAL

 そういえば両チーム先発のCを2Q出場させず。
 DENはスモールラインナップが上手く機能していたので、
 ヒクソンを出す必要は無かったと思いますが、ヒバートはなんでという感じ。
 スモールに対して合わせるためなのか、1Q序盤にヒクソンのPNRにやられていた
 からなのか・・・ポストディフェンスはファリードもヒクソンも下手なので
 ヒバートのポストプレーとかやられたら嫌だったような。
 
 前半スタッツ
 DEN FG43.6%(17-39) 3pt3-9 FT23-27 6TO 25REB(7orb)
 LAL FG42.9%(21-49) 3pt5-15 FT10-13 5TO 25REB(10orb)


3Q 2Q途中ガロとの接触でロッカーへ下がったランドルは開始から出場。
  そして2Q出番の無かった先発Cの2人ヒバート、ヒクソンも久々の登場^^
  後半最初のオフェンス、ガロのミドルが決まり5点差としますが
  そこからラッセルに3ptを決められ、コービーにミドルを決められてあっさり同点
  さらに、DENディフェンスが整う前にクラークソン、ランドルが仕掛けてきて
  レイアップを決められ4点差に・・・。
  ムディエイが一時のロンド並みにミドルシュートを無視されるという
  事案も発生しました。結果外しました^^
  しかしその後ハリス君の3pt、さらに速攻からレイアップが
  決まって3点リードになります。流れがころころと変わる展開。
  流れがどちらに傾くかという所で、ようやくムディエイがこの試合初のFGを挙げる。
  しかも3ptを決めてファールを貰う4ptプレー。初FGが4ptプレーて。
  それで勢いがついたのか、直後速攻からノールックパスでファリードへアシスト
  ムディエイのビッグプレー連発で残り5分で7点リード。
  LALのタイムアウト明け、ランドルがファリードを躱して豪快なダンクを叩き込む・・・
  しかし直後ガロとのPNRからヒクソンがダンクを叩き込む。
  これを皮切りにLALが得点をした後はDENもしっかりと仕返すという 一進一退の展開に。
  しかもDENはビックプレーが多数飛び出しておりました。
  クラークソンに決められた後はムディエイのバンクショット3pt、
  ウィリアムスにFTを決められた後はヒクソンの1対1からレイアップ、しかもカウント^^
  10点リードで3Q終了。
  残り1分をきってからヒクソンのブロックがあったんですが、
  あれは完全にゴールテンディングでしたね^^
  DEN93-83LAL

4Q ネルソン、フォイ、バートン、アーサー、ファリードで開始。
  ヤングとウィリアムスに連続で3ptファールを犯してしまい一気に5点差orz
  さらにファリードのダンクを挟んだ後、またしてもウィリアムスに3ptファール・・・
  1つのQで3回3ptファールするって記録じゃないのか?しかも3分で・・・。
  4点差と迫られたんですが、その後アーサーのハンドオフからフォイさんが
  ミドルを決めると、バートンの豪快なダンク、アーサーミドルと立て続けに
  得点を獲り10点リードに。
  しかし、その後ここまで3度も3ptファールを獲得しているウィリアムスに
  またシュートファール今度は3ptじゃないけど・・・そしてレイアップを沈められ
  残り6分で6点差と追い上げられます。
  ガロ、ムディエイ、ヒクソンを投入。
  ここでまたまた3ptファール発生。本日5度目、このQ4度目(確実に記録もんだろこれ)orz
  今度はムディエイがウィリアムスにしてやられました。これで3点差。
  ステイプルズセンターはディフェンスコールで舞い、追い上げムード全開の中
  ここで我らがエース、ガリナリがやってくれました。
  残り時間が少ない中、コービーとの1対1で体勢が崩れながらブルアップジャンパーを
  バンクショットで決めて、しかもエンドワン。説明は多分間違ってますがとにかく凄い
  プレーでありました^^ファールだったかどうかはあれですが・・・
  このプレー以降も、あのヒクソンがまたも意外なことに結構遠目から右フックを
  決めるなどビッグプレーが飛び出し、LALの追い上げを阻止して試合終了。
  DEN120-109LAL

スタッツ
DEN FG50.6%(43-85) 3pt7-20 FT27-31 TO14 49REB(11orb)
vslal1.png
LAL FG41.4%(36-87) 3pt6-26 FT31-38 TO10 41REB(12orb)

vslal2.png


ラバーン、ヨキッチの欠場で、PFファリード、Cヒクソンのインサイドコンビになると知った瞬間
正直「大敗」という2文字が頭を過りました・・・しかし、蓋を開けてみたら大敗の原因に
なると思われた2人によって勝利が齎されるという個人的に予想外過ぎる展開に・・・。
ファリード、ヒクソン本当にすいませんでした<(_ _)>
ディフェンスはやっぱ悪いなと思う部分が多々ありましたが
オフェンスは文句なし、これ以上無いぐらいに良かったです。本当に申し訳ない<(_ _)>
ただ、言い訳させて貰うと誰がほとんど一度も機能したことが無い
コンビが躍動して勝利するのを予想できたんだって話^^
こちらが↓ファリードとヒクソンを組ましてはならんというデータです。
defence.png
詳しくはこちらで→http://www.cbssports.com/nba/eye-on-basketball/25330621/how-kenneth-faried-can-become-the-impact-player-the-nuggets-need
ただこれはディフェンスについて書かれているので、今回のようにディフェンスはあんまだけど、
オフェンスが大爆発というケースとは違います。こんなこと多分無かったので・・・。
さらに言い訳させて貰うと、直近の試合で2人が組んだのはPS初戦のLAC戦。
その試合攻守ともに全く機能せず。しかもおそらくそれが原因で、その後ヒクソンは干され、
20歳でNBA初シーズンのヨキッチより序列が下になったんです・・・。
自分でも何を伝えたいのか良くわからん展開になってきたので^^
まとめると、最初にも書きましたが異例中の異例の出来事が起こったということです。
とにかくファリード、ヒクソン良くやってくれました。次も良い意味で予想外の活躍お願いします。

あと、ガロの復調もあったし、ハリス君も珍しくオフェンスで結構絡めてたし
マイクミさん3pt決めまくったし、ムディエイはダブルダブル達成しましたが・・・その辺は選手評(追記)で。

次戦はホームでUTA戦
最悪のコンビと思われたファリード、ヒクソンがフェイバース、ゴベール相手にも
今回のようにやれるなら、今後はこのコンビでいく可能性もあります。
どうなるか大注目。


選手評
vslal4.png

vslal5.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

機能しましたね!笑

ファリードはかなりランドル意識してなのか腰痛なのに無双してましたね!笑

個人的にはレイカーズフロントにムディエイイジリされてましたがラッセルに負けなくて良かったムディエイ!

me1oさんへ

あ、ファリード腰痛だったんですか・・・
だからOKC戦14分の出場に終わったんですね^^
情報ありがとうございます。


試合が終わった後ムディエイがなんか言われていたという
ことを知りました^^ダブルダブルを達成したとはいえ
良い出来とは言えない感じだったので、なんとも微妙な感じに終わったような・・・

ヨキッチも腰痛だったと!
インサイドケガ人多いですね。
去年みたく怪我で泣くのは嫌ですね!

ヌルキッチはもうすぐですかね?

バイロンスコットの発言でしたね!
確かにリムにアタックした時はポロリが目立ちますねムディエイ!
この前のクラークソンやステフとか他のPG見た後にムディエイのアタック見ると凄くレパートリー少ないような気が。
フローターとか!
フィジカルで負けない分本当に下手な気がしてきました!笑
アシスト気にしすぎなのかもしれないですがね!
確か今シーズンの目標が平均10アシストって言ってました!

me1oさんへ

どうやらヌル吉は復帰までまだかかるようです。
昨季からの怪我がまだ完治してないというのは
かなり心配ですね。復帰時期も明確になってませんし・・・。
一応ヨキッチはUTA戦で復帰しましたが、ラバーンはまだですね・・・。
一人一人の質より量で戦うDENにとって開幕からこれはきつ過ぎます。


確かにムディエイがフローターやったのは観たことないような・・・
レパートリーが少なく、シンプルなレイアップが多いから相手からの
プレッシャーを受けやすくて外してるのかもしれませんね。

今季の目標10アシストですか^^
チームの勝敗を度外視して、ほぼ全てのオフェンスで
ムディエイにボールを託せばいけると思います^^
さすがに今季は無理にしても、ムディエイの視野の広さ、
状況判断、パススキルを持ってすればいずれ達成するかもしれませんね。
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。