スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン解雇 DENvsUTA

試合を振り返る前に、昨日の深夜DENに動きがあったので
それについて触れておきます。
グリーンが解雇されました・・・
Cの怪我人が多発している現状、ほぼ起用しないPGを置いておくより
ビッグマンを一人入れた方が良いという判断だと思います。
昨季のSLから観てきた選手なので解雇は本当に残念ですが、
チーム事情を考えると仕方ないですね。
SLやPSで印象的な活躍を出来ていれば、今回の様な状況になっても
解雇は免れたのかもしれませんが、これまでと良い意味でも悪い意味でも
変わらなかったので・・・。また契約に至るような気がするのでそん時はよろしく^^
そしてグリーンの代わりに契約したのはパパニコラウ。
なんでC陣に怪我が多発しているというのにSF寄りのPFであるパパニコラウと契約を・・・
考えられるのはウィルチャンも怪我がちだしSFとPFを出来る選手の獲得という
事だと思いますが、なんか違うような気がするのは自分だけなのかな・・・。

では試合の方に。

PGムディエイ  PGネト
SGハリス    SGフッド
SFガロ     SFヘイワード
PFファリード  PFフェイバース
Cヒクソン    Cゴベール

欠場
DEN:ウィルチャン、ヌル吉、ラバーン
UTA:エクサム


ヨキッチ復帰

1Q フェイバースにローポストプレーで何度かやられはしたものの、
  それ以外はヘルプ、ローテーションが上手く嵌っていてタフショットに
  持ち込むことに成功。さらに上手く嵌らなくてもワイドオープン3pt2本、
  イージーレイアップとUTAが悉くシュートを外してくれて助かり、
  なんと8分間で9失点!!
  LAL戦の1Q開始6分間で20失点を喫していたので心配していた
  立ち上がりでしたが見事に切抜けました。
  オフェンスの方は崩して得点したと言えるのはムディエイの3ptぐらいの
  もんでしたが、ファリード、ヒクソンの2人のoffリバウドからの得点、
  ガロが巧みにシュートファールを貰ってFTで得点、ファリードがいち早く
  コートを駆け上がって速攻で得点など泥臭く得点を獲り、
  残り4分で9点リード。
  フォイさん、アーサー、ヨキッチ登場。 UTAの方もゴベール残しで2ndユニットに。
  ガロのタフミドル成功で13点リード^^
  しかし直後のオフェンスでムディエイがゴベールの圧力に負け
  ドライブレーンが空いているにもかかわらず、パスを選択してTO・・・
  その流れから3ptを食らう。
  ゴベール相手だから避けるのは分かるんですがこの試合ここまでガロが
  何度かリムにアタックしてファールを貰えていたので、体を預けて
  ファールを貰う動きをして欲しかった。それぐらいの余裕は十分あったので。
  残り2分を切ったところでムディエイに代えネルソン投入。
  アーサー、フォイさんがタフショットを外し、ヨキッチがトラベリングでTOと
  得点できない・・・ブッカーにミドル、バークに3ptを決められ
  結果5点リードで1Q終了。
  DEN24-19UTA

2Q ネルソン、フォイさん、バートン、アーサー、ヨキッチで開始。
  立ち上がり、綺麗にパスを回しアーサーミドル、フォイが3ptを決め
  さらにネルソンのスティールからバートンがレイアップを入れて10点リード。
  その後もアーサー→フォイ→ネルソンと綺麗にパスを繋いで
  最後はヨキッチへと託しますがヨキッチレイアップ外す・・・、
  さらにヨキッチがポストから見事なスピンムーブでブッカーを躱し
  これまたフリーでレイアップの機会が訪れたんですが外す・・・orz
  良い形を作っても決めきれないでいると、フェイバースのレイアップ
  ブッカーの3ptで6点差に縮められる。
  まだ後7分強ありましたが流れ的に怪しいと感じたマローンさんは
  ガロ、ファリード、ヒクソンを投入。
  3人投入直後ガロがoffリバウンドから流し込んでエンドワン、
  さらにシュートファールを貰ってFTを決め11点リードに広げて
  見事に流れを変えてくれました。マローンさんの采配ずばり的中^^
  しかし、こっからUTAの高い高い壁(ゴベール)に得点源としていた
  ゴール下を完全に支配される。ならばと外からのシュートを放つも
  決まらず・・・攻略の糸口すら見いだせない状況に陥り、6分間で
  たったの2得点に終わるという悲惨な事に・・・。
  今振り返るとムディエイがゴベールを避けるのは賢明な判断だったと
  思うぐらい強烈な支配力でした。
  当然その間にUTAが追い上げて来て2点リードで2Q終了。
  DEN42-40UTA

 前半スタッツ
 DEN FG43.2%(16-37) 3pt2-5 FT8-9 7TO 24REB(6orb)
 UTA FG39%(16-41) 3pt6-14 FT2-6 6TO 18REB(6orb)


3Q フェイバースに風邪?の症状がみられたらしく、後半開始からブッカーがPFとして出場。
  さらに前半奮わなかった影響なのかフッドに代えて、バークスをSGとして起用。DENはそのまま。
  ヒクソンのリバウンドからムディエイへボールが渡ると、
  ムディエイはボールをプッシュしてUTAの守備体勢が整う前に(ゴベールの居ぬ間に)
  1対1を仕掛け見事にマッチアップ相手のネトを躱し、レイアップに行くんですが、
  後ろから飛んできたゴベールの強烈なブロックに遭う・・・ムディエイの状況判断は
  完璧だったのに・・・ゴベール怪物すぎる。
  しかしその後ガロがポストプレーからヘイワードをスピンムーブで躱した上に
  ゴベールのブロックをも躱すという巧みなレイアップを決める。
  さらにムディエイの果敢なリムへのアタック(仕掛け自体は悪くない)は
  惜しくも失敗に終わりますがゴール下にいたガロが押し込んで得点。
  1Qのファリードの速攻からの得点と同じような形で、今度はヒクソンがいち早く
  コートを駆け上がり、ムディエイのパスを受け、ゴベールのブロックを
  受けないようにクイックでダンクを決める。
  2Q中盤以降ゴベールに完全支配されていたゴール下から次々と得点を獲り、
  残り7分で6点リード。
  このまま一気に二桁リードをというところでヒクソン→ムディエイと繋ぎ
  最後はガロがワイドオープンで3ptを放つも・・・決まらず。
  今度はPNRでムディエイの完璧なパスがファリードへ送られ、
  助走をつけてファリードがダンクを叩き込もうとしますが・・・
  そこには怪物ゴベールが立ちはだかり完璧なブロックを食らうorz
  この強烈なブロック後、流れはUTAへと傾きイングルス、バークスと
  連続得点で1点差、さらに直後フッドの3ptが決まりUTAが逆転。
  1Q序盤以来のUTAリード。
  流れを止めるべく、マローンさんはガロ残しで後は2ndユニットを投入。
  その後フォイさんが3ptを決めるなど、2ndユニット投入により
  なんとかUTAの押せ押せムードを食い止め1点差で3Q終了。
  DEN64-65UTA

4Q ネルソン、フォイさん、バートン、アーサー、ヨキッチで開始。
  アーサーの素晴らしいディフェンスで得点を許さず、
  バートンがプルアップジャンパーを決めて逆転。
  逆転直後ネルソンのTOからアーサーがバークの速攻を止めようと
  ファールをするも、これがクリアパスファールをとられてしまい、
  2FT&ポゼッション。バークがしっかりと2本FTを決め、さらにその後の
  オフェンスで3ptを決めて結果5ptプレーに・・・。
  この5ptプレーを皮切りにUTAオフェンスが大爆発。
  フッド→ブッカーのラインがなぜか止められず次々と得点される。
  3ptを外してくれてもブッカーに拾われて得点される。
  とにかくブッカーを捕まえきれず次々と得点され7点差に・・・。
  PSでのGS、前回のLALがファリードを捕まえきれなかったのと
  同じような感覚でブッカーを捕まえきれてないという感じでした。
  7点差になったところで、ファリード、ムディエイを投入するも
  時すでに遅し。UTAの流れはもう止まらず、DENのディフェンス崩壊ともいえるか・・・
  とにかく止まらず次々と得点されて終戦。
  DEN96-84UTA

4Q圧倒されてホーム戦連敗。
連戦のUTAをホームに迎えて、しかも後半フェイバースいないのに4Q圧倒されるって・・・orz

スタッツ
DEN FG38.9%(28-72) 3pt5-20 FT23-34 13TO 45REB(11orb)
vsuta1.png
UTA FG43.5%(37-85) 3pt11-24 FT11-17 10TO 43REB(10orb)

vsuta.png

マローンHCは3Qまで流れがUTAに傾きそうになる、もしくは傾いたときに
絶妙なタイミングで選手を入れ替えて、上手く流れをDENへと引き寄せることに
成功していたんですが、4Qはその判断が遅れたかなと・・・。
クリアパスファールからバークに実質5ptプレーをやられ、その流れからブッカーが
連続得点した時、ガロを投入したと同時にファリード、ヒクソンを投入していれば
その後のブッカーの得点は止められた様な気がします。そうすればまだ試合になったかと・・・
交代が遅れた理由の一つとして考えられるのは、1Q以外ファリード、ヒクソンの
存在感がゴベールという怪物によって消されていたという事があると思います。
ただあの場面アーサー、ヨキッチをそのままにして置いても、どうにもこうにも
いかない状況だったので、大博打で2人を投入して良かったんではと・・・アーサーを
残すのはまだ良いとして、ヨキッチはこの試合かなり精彩を欠いてたので、
流れが悪いならサッサと代えるベキだったと思うんですが・・・。
まぁただ仮にこの交代が上手くいったとして、勝てたかと言われると、
2Q中盤ゴベールがゴール下を支配し始めてからオフェンスでの打開策がほとんど無かったので
厳しかったとは思います。外から決められれば打開できそうなんですが、決められそうもなかったし。
まとめるとゴベールが凄かったってことです^^

選手評
vsuta2.png

vsuta3.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

後半の失速ぷりは酷かったですね。

パパニコラウ復活ですか!笑
結構好きなタイプなんですが確かにここでSFって…笑
イタリア代表時みたいにガロをPF起用でもするんですかね?
スモールバスケする気満々な補強としか思えませんね!
マイクミさんは出場制限でもされてるんですか?笑

ヌルキッチー!笑
痛手。

me1oさんへ

プレシーズンでスモールを多く試し、まずまず機能したので
今季はスモールを積極的におこなうという意気込みは良いんですが、
Cの怪我が多発している現状を考えるとSForPFの選手を
獲得してる場合なのか?という気はします・・・。
もちろんパパニコラウには頑張ってほしいです^^


マイクミさんを何で出場させないのか自分も分かりません^^
この試合はまずまずなフォイさんでしたが、ここまですこぶる悪かったのに
なぜマイクミさんの出場機会がほとんど無かったのか・・・謎ですね。

去年まではうちのコーチだった

こんにちは、マローンコーチが去年途中まで指揮してたキングスのファンです。マローンさんの指揮ぶりはいかがでしょうか?
キングスではディフェンス重視と言いながらも成果は残念ながらイマイチでした。意識付けまでは出来たのですが、積極的に守りにいってかわされるともうダメ、みたいな。
攻撃面では、昨今流行りのアウトサイドよりも、とにかく中へ中へとゴリゴリ行ってフリースローで確実に点を取ってました。カズンズがいなくなると崩壊してしまいましたが。
指揮するチーム、選手が変わってどうなるか興味を持って見ています。
あっ、試合の采配は得意とはいえなかったような…堅実派で流れを作ったり止めるような思い切った手をうたないというか…
不安にさせるようなことを書いてしまいましたが、経験積んでレベルアップや変異してる可能性もありますからね。ざっと見たところ、ディフェンスではキングスの時よりも良い感じに思えるのですが、どうでしょう?

キングスファンですがさんへ
コメントありがとうございます。

キングス時代をほとんど観れてないので、
今のナゲッツのディフェンスがその頃と比べて良いのか
どうなのかは正直分かりません。申し訳ありません<(_ _)>
ただ一つ言えるのは、今季ここまでのナゲッツディフェンスを観る限り
ショウHC時代の昨季から改善してるようにはみえません・・・
それがマローンさんの責任かどうかは、まだ開幕して間もないということや
怪我人が多数いるので何とも言えないかなと。

攻撃面の方は、開幕前は機動力を活かしたトランジションオフェンスを展開して、
ハーフコートになればアウトサイド中心に組み立てるつもりだったと思います。
ただ怪我人が多発してしまい、現在先発陣に関してはハーフコートになると
ペイント内をゴリゴリ攻める感じになってます。ディフェンスと同じくこちらも怪我人が
復帰してどうなるかかなと。曖昧で分かりづらい表現しか出来ない・・・すいません<(_ _)>

今季のナゲッツは奇跡でも起こらないとPO進出は難しそうですが
キングスは戦力的に十分POに行けるメンバーが揃っているので
10年ぶりのPO進出期待しております。カール爺なら連れて行ってくれると思います^^
ただカール爺でPOを勝てるかどうかは・・・
プロフィール

マーティン

Author:マーティン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
人気ブログランキングへ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。